Platinum reporters

  • ESSE online

インテリア・雑貨

【泡ハンドソープ詰め替えボトルの検討(無印とケユカ)】

レポーター:鈴木久美子

2017.10.04

こんにちは

川崎、武蔵小杉の整理収納アドバイザー鈴木久美子です。

今日はハンドソープの詰め替えボトルについて書きます。

ハンドソープボトルは、家の中では脇役なようですが、毎日何回も使いますし、
収納せずに出したままにするので、かなり目にする機会があるモノですよね。

おしゃれなボトルや、アロマ系のハンドソープは泡ではないタイプが多いですが、
子どもがいると、やっぱり「キレイキレイ」とか「ミューズ  」とかの泡タイプが子どもがいるご家庭では使いやすいのではないでしょうか?

今日のタイトルにあるように、
泡ででるハンドソープボトルをいろいろと検討したところ、行き着いたのがコチラ↓


違い、わかりますか?

左が無印良品。

右がKEYUKA(ケユカ)。

容量はどちらも250ml。

形もほとんど同じです。

ケユカの方が少し、透け感があります。

我が家は、今まで洗面所のハンドソープボトルは、ノータッチミューズ  でした。



詰め替えボトルの値段や、替えボトルが本体からはみ出しているデザインが気になっていました。

たまーに、電池の残量が減ってくると調子が悪かったり、、、

自動じゃなくていいかな、、、という気になり、買い替えるモノを探していました。

他の詰め変えボトル(シャンプー類や、キッチンでの食器洗い洗剤など)は全部無印のブラウンボトルで統一しています。






なので、このシリーズで統一したいな、と思うのですが、残念ながらコチラのブラウンボトルは、泡ででるボトルがないんです、、、

泡ででるボトルは、白かクリアだけ。

ブラウンに泡のヘッドをつけたとしても、ヘッドが白しかないそうです。

ステンレスのモノや、アクリル系はポンプの押す感じが硬いのが苦手で、やはり、安っぽさはありますが、プラスチックのモノがいいな、と思っていました。

そこで、悩んだ結果、ケユカの詰め替えボトルにする事にしました!



最近、ケユカさんは商品全体のプライスダウンをされていて、よりお手軽価格になっていますよ!

押す力加減もいい感じ。

しばらくこれで使ってみます^_^



本日も最後までお読みくださりありがとうございました!


扶桑社 ESSE  公式プラチナレポーターをしています。

now loading...