Platinum reporters

  • ESSE online

お弁当

【つくりおきおかずは思った以上にすごかった!】

レポーター:emi+

2017.10.06

こんにちは。
ESSEさんにご招待いただき
つくりおきおかずの第一人者
小田真規子先生のスタジオに行ってきました。

image
閑静な住宅街の
素敵なスタジオです。
 
 
image
まず、おお~っ!と感嘆の声が上がったのが
この美しい冷蔵庫の中身。
 
正直なところ、
わたしは『つくりおきおかず』には
懐疑的でした。
まず、本当にそんなに日持ちするの?と
疑っていましたし、
ひじきや切り干し大根を大量に煮ておいたこともあるのですが
「つくりおく」ことに囚われて、
疲れちゃったんです。
 

ですが小田先生のつくりおきおかずで
私の思い込みはすべてひっくり返されました!
 
作って、冷めてから試食。
一週間経ってから、また試食。
それをスタッフの方たちと繰り返し
すべて身をもって検証されているのです。
冷めてもおいしいか?
一週間日持ちしているか?
香りが損なわれずにいるか?
それで少しでも、ん?と思うようなものは
本には載せないとのこと。
一週間変わらずおいしい、それどころか
一週間後味がなじんでよりおいしい、
それが小田先生の『つくりおきおかず』
 
 
{6F2DD508-195B-416B-B250-4737DF810147}

つくりおきおかずがブームになってから

家庭内の事故が起きていることも事実、

と言いながら

でも本の通りに作れば間違いありません!

てきぱきと話される姿に

プロのすごさ、を感じました。

 

実践編ではお弁当おかずのコツや

つめ方、ごはんの炊き方など

それはもう惜しみなく・・・!

しかもメインおかずは大人気レシピの

『鶏肉のはちみつマスタードソテー』

 

お弁当箱にあわせて

2種類のつめ方を

教えていただきました。

 

いざ、実践。

ecocoさん が

こういうのってセンス出るわよね~なんて

言うものだから、緊張してしまったあせる

娘のお弁当箱を借りてきました。

ビフォー写真はないのですが

先生が

全部同じ面が出ていて動きがないわね~

と言いながらチョイチョイっと直してくれました。

位置も量も変わらないのに全然違う!

自分のお弁当がな~んかつまらないことの原因が

わかりました。

めっちゃくっちゃおいしそうでしょう?

これはこのままお持ち帰りOKだったんです。

そこも先生の自信の表れ。

 

ひとつとして同じお弁当箱がなくて

おもしろい♪

 

そして『つくりおきおかず』と同じくらい人気の高い

『電子レンジレシピ』

 

image

『豚肉のトマト煮』です。

ふんわりラップのふんわり具合にびっくり。

でもこれ、空気の対流などの理由がちゃんとあるのです。

 

『ゆで牛肉とトマトのマリネ』は

作って1日目と5日目を食べ比べ。

1日目はフレッシュで

5日目は味がお互いに染み渡り

まろやかになっていました。

 

きっとのんべえさんには

タマラ~ン味。『ネギダレ焼き豚風』

 

 

次はワンプレートに盛ります。

 

image

先生のは

さすがの美しさ。

 

 

手間取りましたが

みんなで楽しく、

好みのお皿に盛り付けしました。

いただきま~す!

 

『ジャガイモとキャベツとエビのサラダ』

大人気レシピ『鶏ハムのグリーンオイル漬け』

おいしかった!

でもいちばん好きなのは

『豚肉のトマト煮』です!

最初はダメかも・・・と

思っていたんですよねえ。

冷めてもおいしい、はわかっていたものの

もともと豚肉はあまり食べないし、

冷えて固まった油が苦手で。

 

ところがこれが最高においしい!

今まで食べた豚肉料理の中で

1番美味しかったです!

もう感動。

 

{4A1ED66A-6B50-4049-BAB6-6738ADABEE0E}

先生の本にはおいしいの秘訣がいっぱいです。

最初のページからフムフム、と

読み込んでしまいました。

 

 

早速何品か作って、

家族にも喜ばれています。

本と実際に作ってみた結果のレポは

次回に♪

 

 

now loading...