Platinum reporters

  • ESSE online

お出かけ

【行正り香さんのとっておきレシピ ロース肉を開いて使う "ハーブロールロースト" 】

レポーター:*ゲスト*クリス

2017.10.09

見た目も不思議で美しい「ハーブロールロースト」

 

こちらのページにレシピが書かれた紙の画像(かなり大きくなります)を載せているのですが、そこには一番大事な部分がさらっとしか触れられていないので、こちらで補足。

 

中にバジル(ハーブ)とパルメザンチーズ、とカレー粉がはさまれて

ぐるぐるとロールケーキの様に巻かれていますが、これ、肉です。

 

元はこ~んな立派なアメリカン・ポークの、ロースのかたまり肉!

これがどうやったらあんなロールになるのかと不思議でしょ?

 

これ、開いていくんですよ、さすが豪快なり香さん、やる事

が違う。

皮に沿って包丁を入れ、2センチぐらいの厚さになるようにロール状に開いていくんです。書くのは簡単ですが、実際にやるのは大変だと思います。まずよく切れる包丁と肉の扱いを心得た腕がなければね。

 

アメリカン・ポークのロース肉のロール状開き、一丁あがり!

開いたところに上記の材料、バジル、パルメザンチーズ、カレー粉を満遍なくのせていきます。

この中身をかえることで、また違った風味のロールができるそうですよ。お子様向けにはケチャップが一番とか。

 

材料をのせたら、ぐっぐっと挟み込むようにして巻き戻し。

巻き終わったら崩れてこないようにたこ糸で縛ります。

表面に塩小さじ1,しょうゆ大さじ1をぬって120度のオーブンで70~80分焼きます

 

はい、できあがり♪ 切る前には余熱をしっかり冷まします。

う~ん、お肉の色がピンクでいい焼き上がりですね~♪

 

アメリカン・ポークのローストは、冷めてからの方が味がなじんで美味しいんだそうです。冷めてもかたくならないしね♪

 

このハーブロールローストはアメリカのポットラックパーティー(持ち寄りパーティー)でも常に注目の的で評判がいいんだそうです。

 

だってやっぱり見た目からして「どうやって作ったの?」と気になりますもん、そこから話も弾みますよね♪

 

是非、一度挑戦してみたいものです。

 

 

☆アメリカンポーク×行正り香さんのセミナーに行ってきました♪

 

 

now loading...