Platinum reporters

  • ESSE online

ご飯

【アメリカンポーク×行正り香さんのセミナーに行ってきました!】

レポーター:*ゲスト*きりとびママ

2017.10.10

あああ

アメリカンポーク×行正り香さんのセミナーに行ってきました!

 

セミナーでは、主婦から喜ばれている数々のレシピ本の著者でもある行正り香さんに、

アメリカン・ポークのメニューを実際に教えていただきましたラブラブ

 

アメリカン・ポークの魅力

「ごちポ」のポスターを見たことはありませんか?

ますます注目されているアメリカン・ポーク!

 

柔らかくジューシーなので、ぜひ「カタマリ」お料理をチャレンジしたいもの。

 

 

アメリカン・ポークは広大な大自然で、大豆トウモロコシなど栄養豊富な穀物で育てられているので、

実は「やわらかジューシー」なのキラキラ

 

しかも、輸送はチルド。 冷凍されずに、船の2週間チルド輸送の間に「低温熟成」されているの。

 

もちろん、安全性も厳しくチェック! 検査に合格したものだけを日本に出荷。

 

安いのには理由あり!

 

私が、アメリカン・ポークについて「へえぇ~照れ」と思ったのが、その安さの理由。

 

生産者さんの多くは、大豆などの飼料も一緒に作っているのですって!

だから、その輸入コストや輸送費がかからない!

簡単に言うと、餌代がかからないからリーズナブルにもできるということ。OK

 

あと、驚いたのは栄養成分!

ビタミンB群などは、国産豚肉より多かったりするのチュー

 

低脂肪・低カロリー、良質なたんぱく質、ビタミンB群・ミネラルもたっぷりなヘルシー アメリカン・ポーク。

健康と美容にもピッタリ!ラブ

 

アメリカン・ポークの絶品オシャレメニュー

 

嬉しいコトイッパイ、美味しさイッパイのアメリカン・ポーク。

これは、より美味しく大切にいただきたいですよね

 

行正り香さんレシピは、まさにアメリカン・ポークも喜ぶ素敵なメニューがいっぱい。

 

基本となる、アメリカン・ポーク 120℃かんたんローストも説明いただきました。

これなら、私も出来るかも~ニコニコ

 

アメリカン・ポークのカタマリ肉といっても、ロースやバラ肉・バックリブなど部位も多様。

 

それぞれの部位にあったメニューで、彩りよくクッキング!

・・見ていただけですけど。 でもでも、しっかり勉強できましたよチョキ

 

あっという間に完成! 盛り付け方もステキです~おねがい

ホームパーティの料理を作る時に使える裏ワザや、おもてなしアイデアもご教授いただきました

 

試食もしっかり爆  笑

 

本当にやわらかジューシーで美味しい~

お肉のソースも、合わせた野菜食材もステキ!

 

ありがとうラブアメリカン・ポーク! な感じですドキドキ

 

アメリカン・ポークのお料理をしてみました

スーパーでアメリカン・ポークのヒレのカタマリがあったので。

本当はロースが欲しかったけど、この日は売り切れ?なかったー

 

無水調理なべで、120℃で調理してみたよ

ベリーのソースと合わせました。チュー

ちょっと加熱時間が長かったみたい・・・あせる

でも、見た目よりも柔らかに仕上がりました。

120℃ローストをしている間に他のお料理用意もできるしね。

これからは、アメリカン・ポークのカタマリメニューもどんどんチャレンジしてみようと思いますナイフとフォーク

 

自宅メニューが増えました!

しかも、色々と嬉しいコトイッパイだったアメリカン・ポークのレシピ。

「ごちポ」ですね~ラブラブラブ

https://www.americanmeat.jp/

 

 

now loading...