Platinum reporters

  • ESSE online

お出かけ

【アメリカンポークでつくる!行正り香さんのポットラックパーティーレシピに参加しました! 】

レポーター:*ゲスト*tomo3043

2017.11.10

本日は、銀座のアイコニックで開催された

「アメリカン・ポークでつくる!行正り香さんのポットラックパーティーレシピ」に参加させていただきました!

アメリカン・ポークと言えば「ごちポ」のアイコンですね♪スーパーではよく見かけます。

 

香さんが登壇なさって3品の簡単おもてなしレシピを再現。

おもてなしって実はニガテでして・・・・・・・まずはメニューから^^

なにを食べてもらえたら喜ばれるのか!そういったこととか、時間も手間もかけたくない!

実に「自分向けな」意義のある講演でした。

 

アメリカン・ポークって皆さんご存知ですか?

国産豚肉と表示されているものや、その他外国産が出回っていますがパッケージにはシールが付いています!

衛生管理の行き届いた豚舎で良質な大豆やトウモロコシなどの栄養豊富な穀物で育てられているためとってもジューシーです。

2週間のチルド輸送中に低温熟成されるため食卓に上がる頃には一番食べごろになっているんだとか!

もっとも知りたい部分!安全性を厳しくチェックし合格した物だけを輸出しています。

 

 

香さんのお宅には常に豚肉の塊を用意していることが多い理由は・・・・・

なんでも月の半分は自宅にお客様が来ることが多く、今回のおもてなしメニューやパエリアを大量に作り冷凍することも普段から身についているようです。

そのわけは「前もって準備」の精神に。

お客様をお呼びするならきちんと前もって準備だけはしておくと、自分も含め慌てずに余裕を持って

迎えられるときめられています。

 

確かにそうですよね!反省。おもてなしに関わらず、自宅の毎晩の夕飯さえも作りながらレシピを考えて適当だから・・・・・美味しいと言われるようがんばります^^

 

 

おもてなしメニューの一つハーブロールロースト

アメリカンポークのかたまり肉を使い、表面に塩を塗り、120度の温度でじっくり70~80度まで焼く!

使う肉はロースでも肩ロースでもよいそうですが肩ロースの方が濃厚な味わいがあるのが定評らしいです。

香さんの一押しメニュー18番は

「120度かんたんロースト」と覚えてくださいね♪

1、塩をアメリカンポークによく刷り込む

2、120度で温めたオーブンで60分焼く

3、アルミホイルでくるみ、肉汁が出ないよう20分以上休ませる

ホームページにも載っておりますので是非参考にされてください。

http://www.americanmeat.p

 

ロール状になっており、中には大葉とカレー粉が入っていてとっても香ばしくおもてなし料理にぴったりだなって思いました。

手前にあるのは お土産チャーシュー

こちらは肩ロースで作り、はちみつの甘さが引き立ったソースでごちそう感がありジューシー。

奥の丸いものはオリーブの入ったマッシュポテト。

大人なメニューでワインとのペアリングにぴったり!

チリコンポークと呼ばれるトマト缶とインゲン豆を活用したレシピもフランスパンを添えると

お腹も満たしてくれるよう。

おもてなしルールをは3品と決めている香さんは数多くつくると印象に残らない、チーズやバケットを少し用意することでちょっと足りない時に重宝されるのだとか。

 

アメリカンポークは国産豚に比べると低カロリー、低脂肪なのです。

ビタミンB群も豊富でヘルシーですのでこれからも取り入れていきたいです~

行正り香さんを初めて間近でご拝見。テーブル席までご挨拶に来てくださいました!

え?とってもキレイ!すぎる♪

今度は先生の美容法やお家での過ごし方、ご趣味について聞いてみたいです^^

 

now loading...