Platinum reporters

  • ESSE online

お出かけ

【アメリカンポーク×行正り香さんのセミナーに行ってきました!】

レポーター:*ゲスト*荒井志保

2017.11.13

アメリカンポーク×行正り香さんのセミナーに行ってきました!

 

アメリカンポークはHACCP(ハサップ)取得の安全性と、船で2週間かけて運びながら熟成させ、ご家庭に並ぶ時には一番美味しい頃で栄養も豊富。

リーズナブルなのは生産者が大豆などの飼料も同時に作ってコスト削減に努めているからもあります。

 

 

例えば…

 

持ち寄りパーティーの時に自分のポジションはどこか伝えて、他のゲストも作りやすくしてあげるコツや、アメリカンポークに対する火の通し方などを学びました。

アメリカンポークの火入れは白でなく、ピンク色に仕上げて行くのが理想。

 

 

{368D767F-DD03-40D8-9BFD-8E2F29FECD31}


 

 

 

アメリカンポークを500g用意したら

小さじ2 の粗塩、120℃のオーブンで60分ロースト。

長い時間の間に塩が落ちてしまうので多めに。

 

600gなら70分と100gごとに10分プラスしてローストするのが目安と覚えておけばレシピ要らず!

 

{1CF3D694-BDEB-4864-B9FC-F3E9932F5035}

 

{5B599CA7-E2C0-4DF3-A3ED-43D097FCAEC3}


 

 

 

塊肉を2センチの厚さに一枚になるよう、ローリングしながらカット。

両面に醤油を塗り(ナンプラーでも美味しい)塩を両面に降る。

カレー粉をちょっとした特別感をプラスするように片面に降り、パルメザンチーズも降ります。

 

バジルの葉を全面が隠れるほど置き、くるくると巻いて、タコ糸で縛ります。

 

作るときはたっぷり900g!

翌日パンに挟んでサンドウィッチにも。

 

 

{3B7C791D-D239-444A-9944-073FCC4645EE}

 

{6B2BE184-0782-480B-96A5-2E3773948839}


 

 

 

焼きあがったら薄切りにしてお出しして。

ポットラックパーティーのときは出来るだけ簡単になるよう、全て切って準備して。

などなど、簡単なのに見映え良いお持たせ、アレンジレシピを学びました。

 

セミナー後は楽しい試食タイム!

柔らかく仕上がったお土産チャーシュー、チリコンポーク、ハーブロールローストが振舞われました。

 

 

{F0F9134F-D0EB-4693-ACBF-A407DD0BF7B2}

 

{C54DB03A-8A20-4DDC-A697-020138C11DD0}
 
行正り香さんが各テーブルに廻られてパチリ☆
感激した感想をお伝えしましたワ。

 

{465B3B0A-36E9-460D-8E4E-263AB7A42102}
 
ご馳走さまでした。

 

{FEAA3FE9-2094-475A-94EC-A5EBB903DE3E}


 

 

 

now loading...