Platinum reporters

  • ESSE online

美容・ファッション

【完全無欠コーヒー生活12日目メリットとデメリット:ゆる糖質制限】

レポーター:中原 美香子

2017.12.03




完全無欠コーヒー生活12日目。



朝いちコーヒーじゃなく、プロテイン⇒コーヒーの順番にしてから胃の調子もよくなりました。
ムカムカ感じもなくなり、これなら続けられそう~という感じに。
ここらへんで、完全無欠コーヒー生活をしていてよかったこととよくなかったことをまとめてみます。





【よかったこと】

・朝ごはんの準備が楽
・午前中の眠気がなくなってスッキリ行動的にすごせる
・体重&体脂肪が減った
・空腹感が以前よりもなくなり、食べたい欲求がかなり減った




【よくなかったこと】

・ごくたま~にだるい
・お通じのすっきり感ダウンで腸内環境が心配
・朝いちばんに飲むと胃にもたれることがある





一番驚いたのは、お腹減った~~~!!食べたい~~~~!!!!
という欲求が減ったこと、というかほとんどないような。





正確に言うと、軽くお腹すいたなぁという感じはあるのだけど、そこで食べないとイライラしたりふらふらしたりがなくなりました。
食べなくても平気、軽い空腹感が心地よく頭もさえるという感じです。




以前はおやつBOXの前を通るたびにストックしてあるものをパクりと食べたり・・・
たいしてお腹が空いているわけでもないのになんとなくつまんでしまうことがよくありました。
今はその「なんとなく食べる」ということもほとんどなくなりました。





食べることが大好きな私にとって我慢するのってすご~~くつらいこと。
その欲求そのものが減って、我慢しないですんでいることがすごく気楽で嬉しいです







筋トレにはまり、カロリーよりも糖質が気になるようになったこの頃。
主食はもともと少なめ、当たり前に食べていた晩ごはん後のデザートはほとんど食べなくなり、しっかり食べていた朝食を完全無欠コーヒーにしたことによって今は自然とゆる糖質制限状態なんだと思います。
とはいっても、厳しく制限しているわけじゃなく、食べたくなったら食べるし芋や根菜など糖質多めの野菜は普通に食べています。
ビュッフェもね(笑)





ただ、急激に血糖値が上がるような食事はしないように気を付けています。
実際に食後2時間後に血糖値をはかったりしていますが、100あたりで安定しています。
こんな食生活なのもあり、空腹感を感じることも少なくなったのかなぁ?なんて思っています。






こんなこともありました。
父は糖尿病で痩せなくてははならず薬を処方されているのですが、とくに食事も我慢せずその薬を飲んでいることでするすると痩せたんですよね、、、
その薬は過剰な糖を尿と一緒に排出する薬なのです。
ということは、やっぱり糖質は太るんではないかと。
本当は食事や運動など、生活を改善することが大切だと思うのだけど、手っ取り早いこの薬のおかげで父の自由度はあまり変わらないし、体重と一緒に筋力も落ちているかもしれない。
必要なのかもしれないけれど、良い薬なのかなーと、正直疑問に思うのでした






話は戻って、デメリットの方で少し気になるのが腸内環境のこと。





実は以前よりもあまり良くないんじゃないかなぁと感じています。
酷く便秘になったりはしないけれど、においや感じが前より不健康そうなイメージなのです(笑)
お肉も前より食べる量が増えたし、毎朝油入りコーヒーを飲んでいるし・・・
これについては、ある程度たったら血液検査で調べてみようと思っています。





いまのところ、デメリットよりもメリットの方が断然上なのでまだまだ続きそうです!















ラインで更新通知が届きます
 



インスタグラムもよろしくね

Instagram





今日もご訪問ありがとうございました

読んだよ!の応援クリックいつもありがとうございます
       




now loading...