Platinum reporters

  • ESSE online

子育て

【育児メモ】アトピー治療で転院します

レポーター:【みみ子】

2018.02.05

こんにちは*

ご訪問ありがとうございます
*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**
クリックいただけると励みになります(*´∀`*)
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村


離乳・幼児食 ブログランキングへ
*.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**.:・.。**
またまたお久しぶりの更新になってしまいましたが
ご訪問くださった皆さま、ありがとうございます。

実は娘のアトピーの状態が少し思わしくなく
そちらの治療や通院でブログは少し
お休みしていました。

【アトピー経過】
・ガサガサを通り越してひび割れして流血
・保湿剤は皮膚科にて処方してもらっているプロペトベースの混和剤
・朝晩と在宅時はオムツ替え時に保湿
・手首足首など関節がとくにひどく流血
・特にひどい患部は布にお薬を付けて包帯で固定
・朝晩、内服薬服用

こんな感じで季節柄もありますが身体の状態に合わせて
部分的にお薬の混和剤4種類を使い分け
ケアしている状態です。
お薬

本人もそうとう痒そうで掻き毟ってしまい
流血したり、かさぶたをはがしたりと
毎日鼬ごっこ状態です。

一時的に症状が緩和したと思いお薬をやめると
すぐにまたひどくなるので薬もやめられない状態です。
痒みによる夜泣きも酷く
多いときでは一晩に4回以上掻き毟りながら泣く状態。
「おくちゅり、ぬりぬり~」
と泣くのですが、ステロイドなので頻繁に使用することもできず
何もできない状態がなんとも忍びない。。。

特にひどいのは手首や足首などの関節です。
そういったところには布にお薬を付けて貼り付け
それを固定しています。
アトピー

手先が器用になった分、即はがされるという
これもまた鼬ごっこ状態。

という事で苦肉の策で久しぶりに
足付きロンパースを復活させました。
ほの

最近ではこちらの注意を聞くことができるようになったので
「危ないから、パジャマで走るのはやめようね」
と言うと
「うん、パジャマではしやない」
とリピートしてくれます(笑)

こんな感じで家庭でのケアを継続して入るのですが
なかなか症状が改善しないため
普段通院している皮膚科の先生から大きな病院への転院を薦められました。

詳細は別記事にしますが、いったんかかりつけ医の先生の元を離れ
子供専用の大きな医療機関へ通院することになりそうです。
アトピー治療がこんなに大変になるとは思いませんでしたが
何よりも娘の健康を祈って、少しづつ改善できるように
家族でケアを頑張りたいと思います。

離乳食情報を探すならこちらをクリック (*´∀`*)
にほんブログ村 子育てブログ 離乳食・幼児食へ
にほんブログ村
ママたちの愛情たっぷりの離乳食メニューはこちらでご覧いただけます♡

離乳・幼児食 ブログランキングへ
アイディア満載のお料理情報はこちらをCHECK♡

レシピブログに参加中♪

now loading...