Platinum reporters

  • ESSE online

ご飯

【今日の献立】No.254♡脂を落としてヘルシーな鶏もも肉のグリル玉ねぎのゆっくり焼き添え

レポーター:atsuko

2018.02.10

 
おはようございます。今日の東京、晴れ。
今日から三連休の方も多いのでは?
故郷新潟は、連日の雪。
歳を重ねると雪が多いと、雪掻きの負担も大きい。
雪で危ないから車も使えないから、出歩くのも一苦労。
たまに広がる青空、
人間にはどうにもできない自然と共存しながら、
じっと雪解けの時期を待つ。
雪国の暮らしは、自然の摂理に従順に、
助け合い、感謝すること、
そして、体力と忍耐力がないと成り立たない。
雪深い場所で、
両家親が元気にしてくれていることに感謝。

私自身は、
便利なものに囲まれた都会生活が長くなり、
たまに子供たちに
主人と私の雪国体験を話すことがありますが、
今振り返ると貴重な体験だったなあと
つくづく感じます。
 
昨日のおうちごはん見直しテーマは
「カラダを慈しむヘルシーごはん」
主菜は「鶏もも肉のグリル玉ねぎのゆっくり焼き添え」でした。
<作り方メモ>
いつもは、お醤油で味付けした鶏もも肉に強力粉をまぶして、
米油で揚げる「鶏もも肉の空揚げ」にすることが多いですが、
最近、娘のカラダを気遣って、
脂(油)っぽくないごはんにするようにしているので、
お醤油で味付けした鶏もも肉をグリルで焼き、
余分な脂をしっかり落としてヘルシーに仕上げました。
 
ちょっと前に、知人の医師の話によると、
「鶏もも肉の皮の下のぶよぶよとした脂は落とした方がベター。
何故なら、鶏の生育を早めるために使われている薬剤が
たまっている部分だから」だそう。

より詳しく聞いてみると、
薬剤とは、
「牛、豚、鶏など本来の成長速度を早めるために使われる
ホルモン剤や抗生物質などのこと」だそう。

カラダが喜ぶ食材選び、調理法などなど、
将来を担う子供たち、そして、家族のために
創意工夫と最良を見極める力を養いつつ、
毎日のおうちごはんを作ってあげたいですねheart+kira*
 

あとは、作り置きをちょこちょこと。
汁物は「お豆腐と三つ葉のお味噌汁」でしたheart+kira*

子育てを楽しもう!
本日も素敵に楽しく心地よく、幸せな一日となりますように。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 


s.heart**ESSEプラチナレポーターズ更新中クリック


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
 

now loading...