Platinum reporters

  • ESSE online

子育て

【自由な発想力とモノを大切にする力を育てる。子供かぐラボvo.2のレポ@大村市】

レポーター:やすよ

2018.04.30

こんにちは♪家事シェア収納で家族happy!「暮らしと人生を整える、やすよのお片付け教室」のやすよです(๑’ᴗ’๑)

今日は大村市リクシル不動産ショップ住まいの相談センター大村店さんで開催された「こどもかぐラボvo.2」に参加してきました(^^)

まずは、かぐらぼ主催の本澤さんのお話。

子供の発想力とモノを大切にすることを伝えたくて、こどもかぐラボを立ち上げられたそうです!(本職は建築設計や管理です)

整理収納アドバイザーの概念に「モノにはストーリーがある」というものがあります。自分で考えて、相談して、カタチにするプロセスは、まさにモノに宿るストーリー。愛着もひとしお。ストーリーのあるモノは大切にされ、長く使われます。魂が宿るみたいな感じかな。そんなプロダクトが世の中で価値が高まると、本当にエコだし、原点回帰でいいのになぁとつくづく思います。

まず!

あったらいいなと思う家具を考える。イラストで書いてみる。

粘土で作ってみる。

このアイディアを元に、本澤さん達が図面に起こします。

CADでパーツを描いています。さすがプロは早い!プロの仕事ぶりをまじかに見れることも子供達にとっていい経験ですよね。

立体に組み立てていきます。

プロのカッターさばきに、みんな興味津々

完成です!!

↑長女は、ティシュとリモコンの収納を作りました♬

あとは、希望で、家具を頼むこともできますし、自分で作っても良いそうです。

とにかく、子供達の自由なアイディア!

猫のかわいいイス♡

キャラクターのイス

野球道具の収納ー!!

子供の頃はアイディアや発想を褒めらていたけどー、いつのまにか陳腐になってしまったなぁと。もっと自由に発想していいんだなぁと改めて思いました。

さて、「アイディアを具現化する」という今回の取組み。私も「お客様の理想の住まい」を具現化するお手伝いをしています。

まずは、「着想」しなくては、なにも始まらないのですよね。

住まいを整える上で、「どんな住まいに?そこに住まう私はどうしている?家族は?」そんなことを具体的に考えていくプロセスはとても大事です。

でも、大抵の大人は(元々私だって)だれもパッとは思いつかないのです。ただ、スッキリキレイになればいいという程度です。

これは、大人になってしまったから、夢や希望を描けなくなってしまったことも関係あると思います。

そんな時、どうブレークスルーさせる?といいといいますと、ズバリ!とにかく手を動かす!!そう、今回のデザインをノートに起こすのと一緒です。理想をどんどん書き出してみます。

そして、整理収納の概念をインストールして、とにかく「片付けの手を進めてみる!」に限ると思っています。

整理とはモノと向き合う行為、つまり自分と向き合う行為ですので、手を進みてみて、初めて見えてくるものがある、と思っています。

さて、今回お邪魔した大村市リクシル不動産ショップ住まいの相談センター大村店さんで5月22日暮らしと人生を整える、整理収納入門セミナーを開催します(ˊo̴̶̷̤⌄o̴̶̷̤ˋ)

まずは、整理収納のきほんをインストール!

それから、着想し、手を進めてみましょう!

理想の住まいは、もっと子供達のように自由に発想していい!!あなたらしく、軽やかに暮らせるお手伝いをいたしますよー♬

now loading...