Platinum reporters

  • ESSE online

お出かけ

ロスの空港・トムブラッドレー国際線ターミナルのおすすめ免税店

レポーター:Maria

2018.05.11

ロスからの帰国はトムブラッドレー

あるようで、意外とない…らしい、ロサンゼルスの空港情報。「免税店の一覧が見当たらない」という質問をいただいてちょっと調べてみたら、確かに公式サイトがめちゃめちゃわかりにくいですねぇ。

日本人がロスに旅行した場合に帰国便で利用するのは、トムブラッドレー国際線ターミナル(Tom Bradley International Terminal)になるので、TBITに絞って検索するとわかりやすいんですけれども、その検索方法をご紹介するのもめんどうなので、2018年5月時点で確認できている範囲で、免税でお得にお買い物したーい!とテンションが上がるトムブラッドレーの出発ロビーにあるブランドをご紹介したいと思います。

トムブラッドレーの出発ロビーにあるブランド

●免税店

グッチ / GUCCI
バーバリー / Burberry
エルメス / Hermes

あと、メイクやコスメについては「DFS Duty Free Beauty & Spirits」のなかに、シャネルやディオールなども一通り入っています。「DFS Duty Free Fashion & Watches」ではアメリカらしいお土産物もいっぱいでした。ただ、お菓子とか小物(キーホルダー)などは、正直空港よりも街中の方が安いような印象です。ま、荷物増えるから、最後にここで買う方が賢いかもですけれどね!

ほかにもショッピングが楽しいブランド店がいっぱい

どういう基準なのか、よくわからないんですが、免税店として登録されているのは、上記の5店舗だけなのですが、実は他にもショップはあって、セールも謎の割引もあるのでけっこうお得にお買い物ができたりします。

トゥミ / Tumi
ヒューゴボス / Hugo Boss
マイケル・コース/ Michael Kors
エンポリオ・アルマーニ / Emporio Armani
ヴィクトリアズ・シークレット / Victoria’s Secret
コーチ / Coach
ブルガリ / BVLGARI

ね。コーチやトゥミがこちらの普通のショップのくくりで掲載されているので、免税扱いでない場合というのは「アメリカのブランドなのかなぁ」とも思ったのですが、アルマーニもブルガリもヨーロッパだし、何か取扱いの違いみたいなのがあるのですかねぇ。ちょっとその辺りの裏事情はわかりませんけれども、お買い物をしたいであろう、有名ブラント店をピックアップしてご紹介しました。

ほかにもまだまだあるので、気になる人は、冒頭でもお伝えしましたが、ロサンゼルス空港の公式サイトからターミナルのチョイスを「TBIT」に絞って検索してみてくださいね。

トムブラッドレー国際線ターミナルへのアクセスはリフトが便利!


最後にとにかく迷う、でかくて広い、ロスの空港。帰りに使うトムブラッドレー国際線ターミナルの行き方ですけれども、これはもうLyft(リフト)のサービスを使うのが一番おすすめです。アプリで、「Tom Bradley International Terminal」を探してピンをきちんと刺しこんでさえおけば、ドライバーさんがちゃんと連れてってくれます。ガラガラと大きなスーツケースを転がして迷いまくるのは大変なので、ぜひ使ってみてくださいね。

【INFO】

今回ご紹介したのはアメリカ・ロサンゼルスの空港(通称:LAX)トムブラッドレー国際線ターミナル(Tom Bradley International Terminal)です。
公式サイト:https://www.flylax.com/en/terminals/tbit
TBITがトムブラッドレー国際線ターミナルのことだよ。
*この情報は2018年5月現在によるものです。

now loading...