Platinum reporters

  • ESSE online

インテリア・雑貨

【バスク地方のテーブルリネン】

レポーター:ペレ信子

2018.09.13

これで暑い日々は終わり、とは信じられませんが、涼しい夜に感謝のこの頃です。
夏休みのバスクの話が続いていますが、来週から始まる秋のレッスンでバスク地方を取り上げるため、あの楽しく美味しかった日々を思い返す作業をしています。そうすると鮮明に思い出されること、なぜあの時写真やビデオを撮らなかったのかなと悔やまれること、色々あります。その瞬間にすっかり浸りたくて、カメラも忘れて夢中になっていた、ということが良くありました。だから携帯を持っていた家族の他のメンバーに「あの時のビデオ撮ってた?」なんて今さら聞いたりしています。
旅行に出ると、その地方、人、町、食べ物、テーブルウェアから感じること、たくさんあるのですが、やはり私にとってバスクの大きな魅力は食まわりのこと。特にバスク地方のリネンはそれだけでバスクに行く理由になるくらい気になっていました。有名バスクリネンメーカーのファクトリーショップや、バスクリネンのお店がたくさん集まっているSt. Jean de Luzには何回も通いました。あまりにも全部欲しくて葛藤した結果、手に入れたリネンをバケーションハウスに持ち帰って嬉しくて写真撮影。前回のブログ記事に書いた通り、アンティークがたくさんあるお家だったので、家にある食器やカトラリーと一緒に。

d0170823_08452020.jpg
ザ・バスクという感じのシックなリネン

d0170823_08451797.jpg
コットンではない麻のバスクリネン。色が気に入りました。

d0170823_08451435.jpg
こんな明るい色のリネンには可愛い花柄のアンティークのお皿を。
どのリネンもとても気に入っています。レッスンにいらっしゃる方、バスクのテーブルコーディネート、楽しみにしていてくださいね。

d0170823_09022064.gif



にほんブログ村
にほんブログ村

人気ブログランキング
________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

now loading...