Platinum reporters

  • ESSE online

収納

【整理収納サポート事例(納戸収納)】

レポーター:鈴木久美子

2019.02.01

こんにちは!

「暮らしを整え、豊かな人生をつくる」
川崎、武蔵小杉の整理収納アドバイザー鈴木久美子です。

今年は、なんだかインフルエンザの流行がすごいですよね、、、

先週は長男のクラスが学級閉鎖になったかと思えば、今日から長女のクラスまで学級閉鎖、、、(泣)

FullSizeRender

(ちなみに娘はインフルエンザ無事です。)
写真は今年リピ買いしたコストコのブランケット♡
色も肌触りも大きさもよく、おすすめです。


さて、先日整理収納サポートにご訪問したお客様のサポート事例をご紹介します。(写真の掲載については、全てお客様に許可を頂いています)

初回3時間6000円~のお片付けサポートです
Classy Life HP<整理収納サポート詳細>
(2019年4月~サービス内容や料金プランが変更になります。)

定期サポートにご訪問し、今回は4回目でした。
今日の目標は、廊下にある納戸収納です。

Before写真を撮り忘れてしまい、少し荷物を出しかけたところで撮影いたしました。

FullSizeRender

下の写真は出しはじめた荷物です。
収納の隙間がないくらい、詰まっていた状態です。

IMG_2953

各部屋についている収納と違い、廊下などについている納戸収納です。

みなさんは、納戸に何をいれていらっしゃいますか?

「とにかくなんでもいいから詰め込んでいる…」

「要らない物を詰め込んでいる…」

そんな声をよく聞きます。

私がいつもセミナーやお客さまにお話しをしていますが、納戸も、クローゼットも収納スペースも大切なご自宅の一部、という事。
お金ももちろんかかっている、という事もあります。また、ギュウギュウ詰めにして、何があるかわからない状態だと、本当に必要な物や、大切な物を大事にできていない状態になっているのではないか…と思います。


FullSizeRender
さて、納戸内の物を一度全て出してみました。

一人だと、一度も出す気が起こらなかったというお客様。
出てくる物、1つ1つに「これ?何だろう…」という感じ。

すでに、存在を忘れている物が多数ありました。

粗品1つ1つにもその時の思い出がよみがえってくるので、なかなか手放しにくいのですが、お客様も、スッキリしてきれいにしたい!という思いから、頑張って選別してくださいました。


IMG_2955

空っぽになった納戸内です。

とても広く、奥行もあり収納力がある納戸です。

この納戸に、収納グッズなどを買い足して、もっと使いやすくするというご提案もご希望に合わせてさせていただいておりますが、
今回のお客様は、ご自宅内の物で使いやすく改善したいというご意向です。

まだまだ物が多く、定位置も定まっていないため、とにかく一旦は収納グッズなどを買い足さずに、適切な収納場所に定位置を決めてみました。

【After】
FullSizeRender

ちょうど、不要になって捨てようとされていた、黒の収納があり、使う事ができてよかったです。
3段になっている黒の収納には、元は引き出しが付いていましたが、納戸内なので、引き出しに入れず棚板として、ポン、と置けるようにしました。

引出し内には収まらない物も、少々はみ出ても、入れる事ができるのでいいですね。

(もちろん、引き出しを利用したほうがいい時もあります。)

軽い物は上、使用頻度が多いモノは目線から腰高位置くらいまでのゴールデンゾーンに入れます。
写真には写っていませんが、一番下には大きいアルバムがが家族の人数分たくさんあります。
重い物は下です!

まだ、仮決めですが、張り直し可能なラベルテープを使い、棚板に物の場所を大きく(お客様の年代もあり)書きました。

はじめて、ご訪問した時はビニール袋1つ捨てる事に抵抗があったお客様もサポート4回目となり、どんどん自主的に、片づけを進められ、ご訪問の度にご自宅がキレイになっててとても感動です♪


整理収納サポートはコチラから
(2019年4月~サービス内容や料金に変更予定です)
本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

now loading...