Platinum reporters

  • ESSE online

手づくり・DIY

【長袖Tシャツ感覚で着られるブラウス】

レポーター:Queen’s Bird

2019.02.20

e0346055_16382113.jpg
春に活躍する長袖Tシャツ。これが年々似合わなくなっています。カジュアル過ぎて顔と合わない。衿ぐりの形や全体のシルエット等、自分に合う物がないので長袖Tシャツ感覚で着られるブラウスを作りました。生地はコットンリネン。ボートネックと9分丈の袖で、何にでも合わせやすいです。
e0346055_16415078.jpg
一枚でももちろん、サロペットやカーディガンのインナーとしても。
さて、私はもともと臆病で用心深いタイプです。無理してテンパるより準備をして自分の出来る範囲のことを決められた時間で全て終わらせたい。子供が出来てから特にそうなりました。子供たちが小さいうちは起きてから、食事の支度、送り迎え、家事等、段取り良く終わらせ、子供たちを無事に布団に入れてホッとするまで、時には何かを諦め、セーブし、自分の体力をペース配分して毎日を過ごしてきました。頭が固くて面白くないヤツだな、とは思いますが、悪いことじゃないよね。でも最近、私の水泳に対する姿勢もこれと同じだなと気が付いてビックリしました。その日の練習メニューを見て、自分の得意不得意を考え、頑張りすぎると最後まで体力が持たないなと所々泳ぎをセーブし、無事に1時間泳ぎ終える…。水泳の1時間だけでなく、その日の残りの活動のことも考えて泳いで来ました。ついていくだけでやっとだった時はそれで良かったと思いますが、向上心を持って臨むとするなら今のままじゃダメだなぁと思いました。その時その時で自分の全力を出すことも大事だし、限界が来たその後に学ぶこともある。100M個人メドレーも途中でバテない様に最初はセーブして最後に体力が残っていたら頑張る…って感じでしたが、途中でバテてもいいから最初から全力で飛ばす子ども達のように泳いでみることも大事よね。オバサンの趣味のスイミングですが、目標があって頑張っている以上、もう少し積極的に限界を越えていきたいなと思うこの頃です。スポーツマンタイプじゃないんですよ、私。でも頑張ります。











platinum reporters


now loading...