Platinum reporters

  • ESSE online

子育て

【子供の記憶はどうやって作られるの?】

レポーター:ライフオーガナイザー・まき

2017.03.07

今日は私の父の命日。

娘がまだ生後4ヵ月の時に
食道がんで亡くなりました。
7年前のことです…。

父と私の親子関係は
あまり良い方ではありません。

姉と父、兄と父も同じく…。
でも、私達兄弟や母との仲はいたって普通だと思います。
誕生日にメールのやりとりもあります。



学生時代からずっと、
『触らぬ神に祟りなし』とばかりに
できるだけ父には会わないように、
何かあればとりあえず謝る方向で、
と、父が居る時は息をひそめて
暮らしてきましたが、、

そんな父との良い思い出もあります。

小さい頃、テレビを見ている時、
あぐらをかいた父の膝に座るのが
大好きだったこと。

姉と兄とは6歳と5歳離れた
末っ子だったこともあり、姉達に
ジャマされることはありませんでした。

これは、私が小学校低学年まで
していたことなので、覚えています。


それから、家族で釣りへ行った時、
父の隣で釣り竿を持って立っていたこと。
(姉とは違い、ミミズを触るのも平気な子供でした)

これは、気に入っていた写真を
何度も見ていたことにより
定着したと思われる私の記憶。
(写真による記憶にはなりますが、鮮明な記憶)

子供の頃の記憶
(張り切ってる姿が今の娘とかぶる…笑)


学生時代など、幼少期(※)の話に
なった時、なんで皆はそんなに覚えて
いるんだろう?と不思議でなりませんでした。

※幼少期の正確な基準がわかりかねますが、ここでは1歳~小学校入学前を指しています


そして、うらやましくもありました。

だから、娘には楽しかったことや
おもしろかったこと、幼少時代の
子供ならではの出来事をたくさん
覚えていて欲しいな。


それはきっと、愛されていた記憶にも繋がると思うから…。


私は小さい頃の娘の話を彼女によくします。

昨日のひな人形の話もそのひとつ。

他にもいろいろ…。
写真や動画も使ってわかりやすく…。

娘は、○○ちゃんが小さい時、
あんなことあったよね、
こんなことしちゃったよね、
という話をよくします。

引き出しに入る子供

「ママの部屋にあるチェストは
前リビングにあって、
引き出しの中に入って
出られなくなったんだよね~」

とか、

1歳 お手伝い

「1歳の時、お手伝いしてる最中に
お豆食べちゃったんだよね~」

とか、

親はドキドキだったこの話も、ちゃんと
覚えていたかのように話します。
(最初に話をした時は覚えていなかったのですが…笑)


どれも愛されていた記憶になるのか疑問が残る話ばかりですが…笑


7~8歳で多くの記憶が失われてしまう
という研究結果もあるようですので
引き続き、話をしたり写真を見せて
娘の記憶の定着をしていきたいと思います。
(本人が話すことにより、さらに記憶の定着化が進むようです。)


小さい頃はよく遊んだ子と
ひさしぶりに会う時、その友達と
遊んでいる時の写真を見せると
思い出すみたいで、最初から仲良く
遊ぶこともできます(^^)

だから娘はお友達のことをよく覚えているけど
相手には覚えられていないという…苦笑


思い出の記憶作りの一環として
アルバムも大きな役割を果たすと
考えています。(もちろんPCで見せても♪)

そんな我が家のアルバム事情はこちら。

【子供の写真整理におすすめのアルバム】

【子供の写真整理、私の「アルバム」の使い方】



ところで、1年前の今日はインドへ
家族で行っていました。
1年前の今日、止まっていたホテルの記事はこちら★


私(森麻紀)へのお問い合わせはこちら


フォロー・シェア歓迎いたします
※面識のある方は遠慮なく友達申請してください♪


最後までお読み頂き、ありがとうございました。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
今の暮らし これからの生活 (ブログTOPへ)
 ~名古屋発信 「自分にちょうどいい片付け」の見つけ方~


now loading...