Platinum reporters

  • ESSE online

収納

【小さいからと溜め込みすぎていないですか?】

レポーター:鈴木久美子

2019.04.26

こんにちは!

「暮らしを整え、豊かな人生をつくる」
川崎、武蔵小杉の整理収納アドバイザー鈴木久美子です。

4月の春休み明けから、連日、整理収納サポートにご訪問していました。

気がつくと、4月も終わり!
と…いうより平成が終わるじゃないですか~

たくさんのご家庭のお片付けの厄介者を見ていますが、
みなさんは、何に一番困っていますか?

①衣類が多い

②モノを定位置に戻せない

③家の中で探しモノが多い

いろいろな理由があると思うのですが、
結構多い理由が、捨てていいのか悪いのか、、、
わからない物をずーっと溜め続けている例。

特に1つずつが小さいモノが溜まりやすいです。

FullSizeRender

写真は先日、お片付けにご訪問したお客様のモノです。
洋服を買ってきた時についてきたボタンや布類です。

実は、この写真以外にも3袋ほどボタンだけをためているモノがありました。
この中のモノは平成どころか、昭和から保管していたモノなんです。
モノを捨てるのが苦手なお客様ですが、
整理収納サポートにご訪問3回目くらいから、明らかにモノの要・不要の判断が、はやくなってこられました。

「もう要らないです!」
そう、きっぱおっしゃり、手放す事を決意されました。

どこのご家庭にもありそうなモノ。
みなさん、どのように収納していますか?

服を購入したばかりの時は、必要性があっても、その服自体を手放しても、付属品はどんどんたまってくる一方です。

だからって、普段そんなに必要性の少ないモノはそんなにきっちリ保管する必要はないと思います。

お客様からも、鈴木さんはどうやっていますか?と聞かれたので、
我が家の収納事例をご紹介します。(廊下にある収納庫です)

FullSizeRender


下の白いボックスはIKEAのボックス(ティエナ)という商品です。
あんまり使用頻度は少ないけど、必要性のある物をざっくりと収納しています。

FullSizeRender

中には、IKEAのジッパー付プラスチック袋種類ごとに分類しています。
ちょうど立てて収納できるサイズがお気に入りです。

FullSizeRender
これが我が家の付属のボタンや布の収納です。

1袋を超えないように、保管しています。
そろそろパンパンですが…次何かを入れる時に、要らない物ないかなー…と確認し、少しずつ処分していきます。

どんな物にも、自分なりに適正量を決める事が、整った暮らしを作るためにはとても大事です。
小さな物は、ついつい溜め込み過ぎる傾向にあります。

平成が終わるまで、もう少し、、、。
大切な物をより大切に扱うためにも、
要らない物を見直してみてくださいね。

一人でお片付けに困ったら、ぜひご連絡下さいね。

初回3時間8000円~暮らしを整える整理収納サポート


【お知らせ】
参加無料のセミナーを開催します!

日程:2019年5月3日 11時~12時 (そのあと、個別相談できます)
整理収納の基本レッスン
(参加無料)

場所:ナイス スマートウェルネスパビリオン(JR鶴見駅から徒歩5分程度)
   0120-714-501 (ご予約をお願いします)
FullSizeRender
IMG_4081

ご参加を心よりお待ちしています。

now loading...