Platinum reporters

  • ESSE online

お出かけ

【外国のお客様と行くのにオススメな場所】

レポーター:ペレ信子

2019.05.16

二つおもてなしを受けた4月初旬。その時期に私がとても忙しくしていた最大の理由は10年ぶりに来日した夫のお父さんとお母さん。10年経つうちに、歳を取り、病気もし、以前のようなペースで東京を歩き回ることは困難になりました。それでもできるかぎり、今までしたことのない経験をプレゼントしたいと思い、彼らの来日前にいろいろと調べて計画しました。
フランスの年配の方は神社仏閣に大変興味があるので、今回は私が最近気に入っている神田明神へぜひお連れしようと思いました。神田明神は数年後に創建1300年を迎えるため、記念事業が目白押しなんです。サイトもモダンで見やすくなっています。
私が特に興味を持っているのが、境内にあるEDOCCO神田明神文化交流館。日本の方にも外国の方にも気軽に日本文化に触れてもらおうというイベントがたくさん行われています。その中でもお父さんとお母さんと一緒に行きたかったのが、「六花街の芸妓衆の踊りと幇間(ほうかん)芸を楽しむ」という企画。東京の六花街の芸妓衆の踊りを月替わりで楽しめるのです。
実はずーっと昔、芸妓さんの踊りに興味があった両親をダンサーが芸妓の格好をして踊る外国人向けツアーに招待したことがあったのですが、喜んでくれたもののなんとなく納得していない様子でした。やはり本物の踊りを見せたいと思い、このイベントに行き着いたわけです。
場所は文化交流館のEDOCCO STUDIOにて。今回のイベントは美味しいお弁当付き。

d0170823_14094320.jpg
お弁当を食べ終わると、いよいよ小唄とともに踊りが始まります。
d0170823_14094508.jpg
d0170823_14093626.jpg
フランスのお父さん、お母さんも芸妓さんの美しさとその身のこなしに釘付け。本物は踊りだけではなく、その話し方、動き、すべてに陰影があって非現実的な感じ。美しいエンターテイナーです。この日は浅草の芸妓さんの踊りと幇間(コメディアンのような感じで、芸妓さんの出番の間に面白いパフォーマンスなどして盛り上げる方)の芸で楽しみました。「ぶっちゃけ」という感じの質問コーナーもあって面白かったです。
最近は女性同士で、和の習い事の免状取得の打ち上げでお座敷を利用されたり、着物の会の方達がお勉強がてらいらしたりするそう。私も見習って、あんな余裕の身のこなしができたら、日本だけでなく、どこでも大切にしてもらえるだろうな〜と思いました。お父さんも「やっぱり本物は違うね〜。」とため息。
このほかにも日本文化についてのイベントがたくさんありますので、外国のお客様がいらした時にいかがでしょう。そして文化交流館の1階にあるEDOCCO CAFE、美味しくて和のインテリアが素敵で落ち着けます。おすすめ!
d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。




にほんブログ村
にほんブログ村

人気ブログランキング
________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

now loading...