Platinum reporters

  • ESSE online

その他

【フランス大使館で卒業式】

レポーター:ペレ信子

2019.07.05

この前の投稿で、マクロン大統領が演説をしたその同じ場所で、在日のフランス学校の高校卒業式が執り行われました。大使公邸ですので、入り口では厳重なセキュリティチェックを受けます。中に入ると、少し和を感じさせる(大きな書や、襖があるんです。)フランスのエスプリがいっぱい詰まった大使公邸の広間。
入ったところのカウンターで、ウェルカムドリンクが振る舞われます。ここではノンアルコール。ドリンクを片手に気の向くまま、知り合いやお世話になった方々にご挨拶。芝生の美しいお庭にも出ることができます。

d0170823_12282657.jpg
卒業式といっても堅苦しいことは一切ありません。まずはフランス大使から、今年のバカロレアの結果と総まとめ。そして卒業生たちに門出の言葉。
次に、試験合格のメダルを一人一人受け取ります。その時に、試験の成績まで発表されちゃう。
そして、卒業生の言葉。日本だったら、入念に生徒会長的な優秀な生徒と先生が事前に打ち合わせるのではないでしょうか。フランス流は、「スピーチしたい人は副校長にメールを送ってください。」と言われて、希望者は誰でもスピーチできます。といっても、試験の終わりとスピーチする日がとても近いのでなかなか多くの生徒から希望はでません。それに、大使、校長、先生、親などが集まったところで、スピーチするのは勇気がいることです。今年は女の子三人がスピーチしました。とても良いスピーチでした。(フランス大使が、そのあと「君たちは素晴らしい。男子生徒もっと積極的になりなさい。」と言ってました。)
そして今年で退職される先生の音頭で乾杯。乾杯のタイミングを計って、フルート型ではなく、クラシカルなクープ型のグラスでシャンパンがサービスされます。
d0170823_12282455.jpg
d0170823_12282966.jpg
クープの向こうに、先生、校長、大使の姿。


そのあとは、前菜からデザートまでフランス人シェフによるフィンガーフードのビュッフェ。どれもとても美味しかったそうですが、私たちはディナーを予約していたので、カクテルのみで失礼しました。カクテルパーティーと招待状に書かれていましたが、十分食事のできるビュッフェでした。そして人々は楽しく語らいつづけました。


幼稚園から通った学校を離れるのは少し寂しいですが、新しいへの期待でどの生徒も輝いていました。私は大使公邸ということもあり、少し気が張ってセンチメンタルにはならずにすみ、機嫌よく皆さんとサヨナラすることができました。
家に帰ってきてその様子を反芻しながら、やっと寂しさがこみあげてきました。


卒業おめでとう!これからが本番だよ!




d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。




にほんブログ村
にほんブログ村

人気ブログランキング
________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

now loading...