Platinum reporters

  • ESSE online

お出かけ

【弾丸・信楽】

レポーター:emi+

2019.08.24

こんにちは。

 
息子と2人で
ちょっと信楽へ行ってきました。



30分に一本の琵琶湖線
1時間に一本の信楽高原鐵道
過酷。

琵琶湖線に乗る時、息子に
写真撮らないの?
鉄研部の後輩たちに見せたら
珍しいし、喜ぶんじゃない?
と聞いたら
珍しくないからいい。
と。

いやいや琵琶湖線なんて
あんまり乗らないでしょ〜
と言いつつよく聞くと
路線は珍しいけれど
車両は珍しい形ではない
というのが理由でした。

マニアの心理はわからん!


でもこちらの車両は珍しいらしい。


貴生川駅に着いた信楽高原鐵道は


『忍トレイン』という
ラッピング電車で

電車内にもたくさんの忍者。


これ『鉄兄ちゃん』(息子の好きな鉄道番組)
でやってたよね♫
わたしはわくわく。
息子はクール。
ラッピング電車とかどうでもいいみたい。

忍者だらけで面白いのに。

たぬきもいます。


信楽は静かで
屋根瓦と木の壁が美しい
わたし好みの家がたくさんあって
とてもいい場所でした。

中もきっと素敵なんだろうなあ。


とはいえ本当に『ちょっと』の旅だったので
じっくりと味わうことはできず…。



でも9月からの朝ドラは
信楽が舞台なんですね。
やっぱり気になります。
実際に戸田恵梨香様にお会いした方が
『すっごく綺麗で、顔が小さくて
内臓が入っているのかしら?
と思うくらい細くて、
オーラが凄かった!』
とおっしゃってました。
でしょうね〜。
わたしも戸田恵梨香様ならお会いしたかった!


まあでも残念ではありますが
電車の本数がこれなので。

信楽駅で娘たちにおみやげ。
と言いつつ
完全にわたしのシュミですね☆
猫派のわたしもこのうさぎちゃんの
可愛らしさには負けました。

『Lily』ちゃんというのですよ♡


息子が後輩に選んだのは
信楽駅のキーホルダー。

わたしだったら
使えそうなクリアフォルダーとか
小さなピンバッチを選ぶところだけれど
やっぱりマニアは違います。

そういえば
『勅使駅』や
『紫香楽宮跡』という名前の
駅があって
歴史が感じられ
そこもまた素敵でした。



いいところだなあ。
ゆっくり来る機会があればいいけど。


now loading...