Platinum reporters

  • ESSE online

子育て

【コンビニの工夫を学ぶ】

レポーター:りく

2019.09.07

小学3年生の娘は今、買い物について学んでいるようです。

タイムリーにもこちらの本を図書館で借りていました。

この本でコンビニの工夫について、少し勉強し、

朝も早くから、PayPayやLINE Payの100円クーポン(?)を使うのと、実際にコンビニの工夫を確かめるために、散歩がてらセブンイレブンへ行きました。

①入ってすぐのエンドには新商品や季節商品、キャンペーン商品など特別な商品を置いている

→行ったお店は電池などが多かったですね。
セブンの上が世帯数多めなマンションなので、消耗品が売れる場所なんでしょうね。
マニュアル通りではなく、立地も考えた上での売り場作りがあるということが学べました。

②調味料や電池、文具など、いざという時に必要なものは品切れさせない

→日用品(特にトイレットペーパー)がたくさん置いてありました。生活に密着した立地なので、これは絶対に外せない項目でしょうね。


③目にとまる高さに商品をおく

→娘が「アンパンマンの商品が下の方にある。アンパンマンは小さい子が好きだから、この位置なら小さい子の目にとまるね」と、発見しました。


④同じ商品を何列も並べる

→3列に並んでいる商品があり、人気のある商品なんだなと確認しました。

他にも色々と発見がありました。
実際に見て学ぶって楽しいですね。
本に書いてあることと違かったら、どうしてか考えてみたり。思考の訓練にもなりそうです。
子どもはどこでも学びの場になりますね。

ちなみに買ったもの。
夫がラジオで聞いて以来、食べたいと思っていたようです。
濃いアイスでした。


【今日の片付けと掃除】
書類の処分
紙類はいつの間にかたまるので、手強いですね。
ポストに入っているものはすぐに処理するのですが、しばらくとっておかないといけないものは定期的に見ないといけないなと思いました。

now loading...