Platinum reporters

  • ESSE online

子育て

【チビ代の聴力検査】

レポーター:milk

2019.09.24

細菌性髄膜炎の後遺症検査で、聴力検査が8:30の予約でした。
自転車で10分弱の道のり。
8:10に出発。

踏切が開かない!!
全然開かない!!
いつも通る道だけど、朝通ったことはなかったので知りませんでしたが、開かずの踏切だったのか!
15分過ぎたところで、かなり焦ってきたと同時にイライラ(-_-;)
まだ電車が通り過ぎても両方の矢印が消えないでの、駅の逆側の踏切に移動。
移動したのが行けなかったのか、こっちも全然開かない!!
慌てて病院に電話したら「焦らないで、ゆっくりでいいですよ」と言っていただけ、イライラは減りましたが・・・。
ようやく開いたのは8:45。
歩行者と自転車、バイクは渡りましたが、開いたと同時にまた警報機が鳴り始めたので、車は1台も渡れていませんでした。
これはかなりひどい。

大急ぎで到着して、チビ代を抱きかかえて受付へ。

睡眠薬を使う検査だったので、寝かしつけの時間がある分余裕があったのかとは思いますが、汗だくで到着してようやく落ち着きました。
かなり疲れた・・・。
夫はちゃんと幼稚園に送って、電車に乗れたのかしら!?

さて睡眠薬をがぶ飲みして、お替り請求したチビ代さん。



30分ほど寝かしつけをし、検査へ。
結果は後日。

寝たまま帰宅してきたのですが、家に着いても起きません。


そりゃそうよね。
まだ薬が効いてるよね。

聴力に問題がないといいな。

now loading...