Platinum reporters

  • ESSE online

インテリア・雑貨

【花のある生活(暮らし方)】

レポーター:りんご

2019.10.10


暫くお花のない生活をしていました。

珍しいことですガーベラ



植物がアレルギーを誘発している?疑惑があり、自粛していたのですが、やっぱり欲しい。



虫を惹きつけるためにこんなに綺麗な姿をしているのでしょうか。

動物(人の私)も惹きつけられます。

花器は、ずーっと昔にmaduで購入したもの。



こちらは、scopeのフローラベース


他の色と形も可愛いですね。

ガラスの透明度が高くて、綺麗です。

厚みも気に入っています。



お花でほっこりすると言えば、ほっこり繋がりで、発言小町祝20周年のほっこりするトピ企画に挙がっていた「ハゲはセクシーと彼女は言うけれど」にほっこりしました。こちら

恋が成就するプロセスも丁寧に描かれており、ほっこりしました。

素敵な人の周りには素敵な人が集まるなぁ。


素敵な花の周りで生活する者(私)も素敵になりたいなぁ。

遺伝子組み換えして品種改良させることは不可能だけど、今の状態を出来る限り良い状態に保つ努力は出来るはず。

"良い状態"って動くこと。

良い状態を保てるか否かは動いてみないとわからない。

動いた結果駄目でもいい。

動く努力がいい。

素敵の定義は色々ありますが、取り敢えず、悶々と考えるより動くほうが素敵に近づける気がします。

座って考えてるより、冷蔵庫内を磨いたほうが、ひとまず、庫内は前より素敵になる。

逆立ちしたって何したって、皮膚も髪も体型も脳も若い頃より枯れていく(笑)。

(生き物の宿命なので仕方ありません猿)

老化を完全に食い止めることは出来ないけれど、食べ物や運動で今出来る限り良い状態にもっていく努力はしたい。

そのような感じで、日々(うまくいかない日の方が多いですが)暮らしていますプレゼント

now loading...