Platinum reporters

  • ESSE online

インテリア・雑貨

【今年のクリスマスはどうしましょうか】

レポーター:ペレ信子

2019.11.13

秋も温かく、まだまだと思っていたのにもう11月も半ば。クリスマスのことを堂々と考える時期になりました。
和の文化では「はしり」とか「なごり」を大切にして、早めに季節を感じられるよう配慮したり、余韻を楽しんだりします。素敵な慣習だと思いますが、クリスマスに関しては、早すぎると気分が乗らず(気温のせいでしょうか)当日までに少々飽きてしまう気がします。
クリスマスの雰囲気が好きなだけにそれは悲しい。というわけで、サロンのデコレーションもアメリカのサンクスギビングデー(11月第4木曜日)あたりまでお預けにしています。解禁の日が来たら、思い切り楽しめるように。クリスマスソングに関しても同様です。
ここ数年は、サンクスギビングのころ、大好きなpupuramossさんを招いて、クリスマスリースのワークショップをしています。もみの木などの香りに包まれて、一気にクリスマスのスイッチが入ります。リースができたら家中にクリスマスの飾り付けをします。その時はクリスマスソングをかけながら。

d0170823_16040104.jpg
さて、今年のクリスマスはどんな飾りにしましょうか。インテリアショップや雑貨店で目にするものには一定の流行りが感じられます。思いっきりその流行りに身を任せるのもよし、王道のクラシカルなものを追求してもよし。
今年も茗荷谷のekreaキッチンショールームでクリスマスディスプレイをします。こちらはこの夏リニューアルしたショールームの雰囲気に合わせて、モダンなクリスマス。サロンの方は、クラシカルな雰囲気になる予定です。

どちらもこの一年に感謝して、家族や友人と過ごす温かい雰囲気を大切にしたいと思っています。それぞれのデコレーションが終わりましたら、またご報告します。
d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。




にほんブログ村
にほんブログ村

人気ブログランキング
________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

now loading...