Platinum reporters

  • ESSE online

お出かけ

【地方創生のお仕事で川内村へ】

レポーター:ペレ信子

2019.11.21

ワイン&フードコーディネーターの友人に誘われて、食に関する職業を持つ5人で福島県川内村に行ってきました。地方創生に関するプロジェクトのための視察です。
初めて行く場所に、遠足前の子供のようにワクワクドキドキして伺いました。まずは新幹線で郡山駅。

d0170823_08201075.jpg
そこから1時間半ほど車で行くと川内村です。この村の中心部におしゃれなカフェがあります。1988年にタイの山岳部の人々を支援するために始まったロイヤルプロジェクト。その一環でできたCafe Amazon 。日本第一号店がこの川内村にあります。ウッディーでおしゃれな空間でタイ料理がいただけます。
d0170823_08194870.jpg
d0170823_08195594.jpg

そしてすぐ近くにある、草野心平が住んだ場所にある「かわうち草野心平記念館」へ。草野心平はその素朴な詩で知られていますが、この川内村を気に入って住み着いたとのこと。村の人から愛されて、この村に住み続けて欲しいと、村から家を提供されました。
彼の家の入り口には膨大な量の本があり、村人は図書館のようにここを利用していたので天山文庫と呼ばれています。天山とはシルクロードのことで、この場所がいろんな人々の交流の場になるようにと名付けられたそうです。草野心平にはたくさんの文豪の友人がいて、家のあちこちに川端康成作の書が飾られていました。
d0170823_08195912.jpg
d0170823_08200543.jpg
d0170823_08195979.jpg
この地方で始まった新しい試みの一つとして、ワインのための葡萄畑作りがあります。紅葉の中、それは素晴らしい景観の場所で、ワインコーディネーターの友人と、「ブルゴーニュだ!」と興奮しました。この葡萄たちが良いワインになると良いね、と話しました。
d0170823_08193849.jpg
夜はこの村周辺の特産物を使ったお料理を、ワインや日本酒に合わせていただきました。いわなも間違いない美味しさでしたが、野菜が本当にいききとしていて、お腹いっぱい食べてももっと食べたい!というくらい。村の方々、村長、とても温かくてすっかりリラックスしました。
d0170823_08194271.jpg
d0170823_08194618.jpg
私は友人以外は初めてご一緒する方々だったのですが、夜、お宿に戻ってすっかり意気投合し、夜更けまでパジャマパーティー。初めてお会いするのに大爆笑の連続で、なんだか学生の頃に戻ったような夜でした。
次の日は室内で土も農薬も使わない安全な野菜を作ることを目的に作られたKiMiDoRiさんへ。太陽光の代わりにLEDを使用しているそうです。現在すでに購入できますが、よりよいお野菜を作るため研究はまだまだ続いているそうです。最近見かける下のようなパッケージのお野菜はこうやって作られているんですね。
d0170823_08192786.jpg
d0170823_08193405.jpg
d0170823_08192758.jpg
最後に地元の野菜勉強会の皆様が美味しい野菜料理を作ってくださり、その間に私たちはそば打ち体験。この地方、独特の味付けがあるなあと勉強になりました。ご一緒した管理栄養士の方から、魚があまり食べられない地方で脳に大切な魚の油の代わりに、えごまが役立っているという貴重なお話を聞くこともできました。自然と暮らしって理にかなっているんですね。

d0170823_08500604.jpg
d0170823_08502370.jpg
築130年のお家も見せていただいたり、たくさんお世話になって川内村をあとにしました。日本にはこんな素敵な村がたくさんあるんだなあ。

d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。




にほんブログ村
にほんブログ村

人気ブログランキング
________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

now loading...