Platinum reporters

  • ESSE online

インテリア・雑貨

【クリスマスシーズンの始まり:娘の誕生日に】

レポーター:ペレ信子

2019.11.27

18年前にアメリカで娘を出産しました。18年前といえば、911があったあの年。東海岸に住んでいたので、3ヶ月ほど空港が封鎖され、海外から手伝いの家族も来ることはできませんでした。
出産自体より、そこにたどりつくまでが大変だったので、夫と長男の協力があったからこそ生まれてくることができた女の子。私の担当だった女医さんは、優秀で優しくて、彼女以上の産婦人科医にはその後出会っていません。彼女に励まされながら、「もう生まれても大丈夫!」とゴーサインをもらって、サンクスギビングが終わり、ブラックフライデーが過ぎて、街が一気にクリスマスになった日にやってきた女の子。だから、彼女の誕生日は、我が家にとってクリスマスシーズンの始まりなんです。
彼女が18歳になりました。フランスでは18歳が成人です。初めて家族と離れての誕生日が、成人になる日でした。

d0170823_14310098.jpg
直前の週末に、学生たちがみんな楽しみにしていた大学主催のパーティーがあって、アルコール類があるので、未成年は親がパーティー参加許可書にサインしなければ参加できませんでした。このパーティーに参加してもアルコール摂取させないよう、責任は親がとります、というような内容。メールでばたばたやりとりして無事提出し、楽しくパーティーに参加した模様。
そして誕生日を迎えて晴れて成人に。パーティーに出るたびに学校から書類にサインを求められる事もなくなります。自分で考えて、自分で判断して、大人として歩んで行くのでしょう。日本ではまだ子供だから、まだまだ甘える余地はあるけれど。

d0170823_09022064.gif
d0170823_15140695.jpg
ル・クルーゼアンバサダーに選ばれました。




にほんブログ村
にほんブログ村

人気ブログランキング
________ A propos de mon livre  _________
d0170823_09372487.jpg
フランスから学んだ、暮らしの工夫と楽しみ方を綴っています。

now loading...