Platinum reporters

  • ESSE online

ご飯

【 2020年 元旦の食卓 】

インフルエンサー:おいしい*きっかけ

2020.01.02

_a0206881_17412264.jpg
あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します


さて
大晦日に4時間かかって
作ったおせち



前夜に
イメージトレーニングした
甲斐あり


6時に起きて
お重に詰めて
お雑煮のお汁も作ってから



記録に写真を
バシャバシャ撮って^^


画像の状態で
スタンバイOK






朝7時半




まだ布団の中の
夫と主人を





「ごはんですよ~」と
階下から
呼び起こす^^




元旦とはいえ



誰からも
急かされることなく




気楽なスタートに感謝





今年も無理せず




楽しめる範囲で
季節の行事を
取り入れて

わたし自身
癒されたいな





今年は

年相応に
暮らしを回せそうな予感



_a0206881_17414460.jpg
信楽焼の深皿には
手作り豆腐


豆乳をゼラチンで
ゆる~く固めただけ





にがりで凝固した
豆腐とはちがう




トゥルンとした
食感が気に入っている








器からすくって



好みで
つゆをかけて



_a0206881_17420739.jpg
黒豆は毎年
母が作って
分けてくれる


食用金箔を
ハラリと






さわらの西京焼きは
長男が気に入ってくれて


翌日も
大切に食べてくれた
うれしい




紅白かまぼこと
塩抜き数の子

_a0206881_17422382.jpg

今回のおせち作り

笠原将弘さん著
『「賛否両論」おせちの本 完全版』の
レシピを見ながら
作ったのは


菜の花の辛子浸し
田作り
カステラ卵
紅白なます



カステラ卵は
はんぺんを使った
伊達巻風のもので



蒸しあがってすぐは
レシピ本の通り
ふわふわだったけど



冷めると
スフレのように
しぼんでしまって



蒸しが甘かったのかな?
私には
ハードルが高かった^^



いくらをのせて
息子達の
お箸が伸びるように





栗きんとんより
好きな
スィートポテトは

オーブントースターで
焼いたり





写真では
色が悪い
ローストビーフも
無水鍋で簡単に




_a0206881_17423623.jpg
お煮しめは
笠原さんレシピの
筑前煮


主人に
大好評


レシピには
野菜は乱切りとあるけれど




野菜の飾り切り

嫌いではないので




大晦日の時間が迫っている時に
つい。



こんなんに
時間をとってていいんかな~と



逸る気持ちの中



集中して
包丁を持つのも
楽しい


_a0206881_17425006.jpg

いただきものの
鮒ずし


贅沢に
厚切り~



幸せ♡



_a0206881_17430649.jpg
ひとり分ずつ
事前に分配^^


この成果が実り
2日で
おせちは食べきれる



紅白なますは
叶匠寿庵のプラ竹に



母作の黒豆は
Frantzの魔法の壷プリンの壷に







お雑煮は毎年一緒の
別鍋で用意


家族は
お澄まし


すっきりしていて
お出汁の香りが際立って
美味しいね





私は
白味噌



ドローンとしたお汁が
たまりません^^



_a0206881_17431992.jpg


本日もお越しいただいて
ありがとうございます


パソコンでご覧の方
↓こちらのランキングボタンを
クリックいただけると
とても励みになります



にほんブログ村

now loading...