Platinum reporters

  • ESSE online

インテリア・雑貨

【器】大切に手入れして次に受け継がれる器

レポーター:ぽえむ*

2020.01.06

今日はこの写真から↓
1
正月気分も抜けて大切な漆のお重や屠蘇器のお片付け。
しっかり汚れを落として乾かすことで
いつまでもその美しさが保たれます。




屠蘇器の取っ手のネジ部分は水気のたまりやすいところ。
外してここもしっかり乾燥。
2






天井を鏡のように映す輝く漆。
娘の好みに合うようなら受け継いでもらい
ずっと将来も使ってほしいと思う美しい器です。
6






受け継ぐといえば、
昨年の秋に主人が出張の際、立ち寄った実家で
棚の奥にしまわれたものを持ち帰って来ました。
3
お皿5枚が入った木箱。
書かれている文字が難しかったので
書家の友人に読んでもらいました。
鑑定してもらうような
高価なものではないと思いますが
京都で販売された器であることが分かりました。





赤い縁と小さく描かれた野菜が
なんとも可愛い小皿のセット。
4
実は元々主人の祖母のお気に入りのお皿で
義母が譲り受けたものだったんだそうです。
沢山いる兄妹の中で、
義母は自分に譲ってくれたことが
とても嬉しく感じたんだそう。

勿体なくてあまり使われることなく
棚の奥にしまわれた小皿。

義母が電話で私に言いました。
「今は使わない方が勿体ないって言われる時代だけど
なんだか勿体なくて使えなかったのよね。
大切に使ってね。」と。

その言葉を聞いた時に、
確かに私も使わないと勿体ないと思う派でしたが、
今のように物が溢れる時代じゃなかった頃を想像すると、
壊れると同じものは二度と手に入らないかもしれない。
大切にしたかった気持ちと
使わなかった申し訳なさが滲んだ義母の声に
切なさと共感し合えるものを感じました。

でもお蔭で欠けることのないお皿を目にし、
自分の母が私を選んでくれて
そして譲ってくれたんだという
嬉しかった気持ちを再び思い出してもらえて
本当に良かったなぁと思います。
そしてそのエピソードと共に
私に譲ってくれて有難い気持ちです。

家族の歴史が込められた器を使う時、
聞こえない声で話しかけられるような
不思議な特別な想いがします。
譲られた器も譲りたい器も大切にしたいと思った
お正月最後の日でした。

最後までご覧頂きありがとうございます。
読んだよ~の印に、画像↓をクリック下さるとうれしいです。
更新の励みになっています。
今日も応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
LINEからも更新の情報が受け取れます。
読者登録下さると大変嬉しいです。
     ↓ ↓ ↓


↓ESSEプラチナレポーターやってます!
プラチナバッジ


↓50代のそれぞれの暮らしぶりを拝見
50代主婦日記
↓お正月準備の参考に
初詣・正月・新年
年末年始の準備&暮らし
御節料理
おせち
↓素敵なインテリアは目の保養!
暮らしをつくるインテリア*
↓素敵な器がいっぱい!
オウチごはんと器の写真
お気に入りのうつわたち

now loading...