Platinum reporters

  • ESSE online

収納

【これだけはやっては駄目!整理収納のタブーとは】

レポーター:mioko

2020.01.24

ご訪問頂きありがとうございます

miokoです

 



どんな片付け方、収納の仕方が合うかは人それぞれ。整理収納には正解がないんです。


その人が使いやすく快適な生活が出来ればそれが正解なんですね。

 

しかし、整理収納を行う上で絶対にやってはいけないタブーがあります。

それは

 

他人のモノを勝手に捨てること

 

自分のモノが片付いてくると、次第に家族のモノが気になってきます。


特に我が家のように捨てられない夫(家族)と同居されている方はモノの量が多いと気になって仕方がないはず。


てこでも動かない捨てスイッチを持っている私の主人。

私の「いる?」「いらない?」の呼びかけにはたいてい応じてくれません。

 


そこで聞こえてくる

「気付きやしない、捨ててしまえ。」という悪魔の声。

 

でも、どんなにガラクタでも当の本人にとっては思い入れのあるモノかもしれません。だから勝手に人のモノを捨てるのは、ブッブーです。

逆の立場で考えれば理解出来るのですが。

 

唯一、主人に効果的だったのは、私がガンガンモノを減らしている所を見せる事でした。

そして時間に余裕のある時に、一緒に片付けよう!と誘います。


買い物の後などに、新しいモノを収納しやすくする為に使わないモノを減らしてもらうのも1つの手。

新しいアイテムを迎えると、手放してもいいかな…という気になりますからね。

 

でも仕事で疲れている時や余裕の無い時には、片付けする気力すら湧かないものです。

声掛けはタイミングも大事。



子供に聞く時は、いる?いらない?と聞くと全部いる!となるので

「使う?使わない?」と聞くのが効果的。

意外とすんなり手放すので、わたしが「本当にいいの!?」と聞いてしまう事も。

 

ちなみに主人は全部「使う」と答えるので、新たなワードを模索中(笑)

ボロボロのタオルも使っていないくせに、「使う」と言うんでね。

逆に私が攻略されている気が…。

なんか、悔しい!(笑)

 

という事で、人のモノは勝手に捨てないようにしましょうね。

 

 

 

 最後までお読み頂きありがとうございます♡

 

 

 

miokoの

 

 

フォローしてね♡↓

 

 

 

 

now loading...