Platinum reporters

  • ESSE online

収納

【子供が作った紙モノやちょっとした工作はどうしてますか】

レポーター:mioko

2020.01.31

ご訪問頂きありがとうございます

miokoです

 

 

ブログを読んで頂いている方から

「子供が作った紙モノや工作が多くて困っています」

というメッセージを頂きました。

 

 

お絵かきをした紙とか、少しだけ折って放置された折り紙や工作類など…。

 

子供に捨てないでと言われて尚更困ってしまいますよね。

 

わかります、激わかります!

 

我が家もお絵かき大好き女子が2人いるので、日々量産されるんですね。

 

夕食の前などにダイニングテーブルに散乱してたら片付けるのにもうんざり。

これに宿題やら消しゴムのカスやら混ざってもうカオス。

 

そこでこれですっきり!我が家の紙モノやちょっとした工作類の収納をご紹介します。

 

 

散からないようにするには、これらのモノの指定席を設けてしまうこと。

 

奥に見える無印のシェルフに入れているソフトボックス。

こちらのボックスの1つを紙類や工作類、進捗中の工作入れにしています。

 

 

ここに入る量だけで管理して、溢れたらいらないものから処分するのが我が家のルール。

お友達からのお手紙なんかも入っています。

↓下の左から2番目

 

 

未遂の作品類も子供に捨てないでと言われる事があります。

そんな未遂工作たちもこちらに入れちゃいます。

トイレットペーパーの芯とか、お菓子の箱とか…。

アイロンビーズもやたら多くてどうしよう。

 

ポイントは、このケースから溢れたら捨てようねというルールを徹底する事。

全部は取っておけない事を予め話しておくといいですね。

 

捨てるモノを選ぶのは子供自身にやってもらうと納得して捨てる事が出来ます。

 

 

子供が作ったすぐそばで捨てるのはやっぱり忍びないですもんね。

しかも子供に捨てないでと言われたらやっぱり捨てられないですもんね。

 

子供が作った紙モノや工作類の量産地獄でお困りの方、是非お試し下さい。

 

我が家はこれで何とかすっきりをキープ出来ています。

 

 

 

ちなみに幼稚園や学校で作った工作類は、別に収納を作っていますよ。

宜しければご覧下さい。

→セリアのファスナーケースで子供の作品を保存

 

 

 最後までお読み頂きありがとうございます♡

 

 

miokoの

 

フォローしてね♡↓

 

 

now loading...