Platinum reporters

  • ESSE online

その他

【『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』】

レポーター:ようこクリスピー

2020.02.10

『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』
佐光紀子 光文社(新書)2017.11.20
家事のし過ぎが日本を滅ぼす
タイトルの‘日本を滅ぼす’…

これは、人々の耳目を集めるための
大仰な表現だと思うけれど

確かに家事のしすぎは
いわゆる古臭い時代の「女」から
脱却できないと思う。

筆者は

21世紀もすでに5分の1近くが過ぎ、
高度経済成長ははるか昔になったのに、

日本文化の名のもとに形成されてきた
「家事は女性が」「育児はやっぱりお母さん中心で」
といった価値観は今でもなかなか崩れない。

子どもが学校でトラブルを起こせば
共働き家庭ではまず母の携帯が鳴り、
熱を出したといえば
「お母さん、お迎えに来てください」と連絡が来る。
(P232より)


そうなの、そうなの、そうなのよ。

で、これを変えなきゃって話なんだけれど
一方で

やたらとそれ(いわゆる女子力と言われるもの)
をアピールする女が存在する。

1から手作りお料理、お洋服。
家の中はすっきりきれい。
いい。それはいいことよ。素敵。

でもそうじゃなくてもいい。
家事が大好きな男もいるけど別に偉くないし
家事が大嫌いな女もいるけど女失格なんてことはない。

家事が大雑把でも
楽しく魅力的で素敵な女性はたくさんいる。


きっと多くの人が「それわかるよ」と思いつつ
「でもやっぱりさ~」って言うのよ(-"-)


戦後75年。あとどれくらいかかれば
変わるのかな?ハ~(溜息)


now loading...