Platinum reporters

  • ESSE online

インテリア・雑貨

【可愛すぎて、インテリアとしても秀逸!洗剤の量を減らすために、たわしを使うという選択】

レポーター:小林ゆう

2017.04.12

たわしがこんなにキュートでしかもこんなに使えるアイテムだなんて知りませんでした!

KIMG2237.jpg

みなさん、たわしって使っていますか?


私が記憶にあるうちでたわしを購入したのは、
「小学校のプール開きに備えた掃除で使うので、たわしを持たせて下さい」と
小学校から言われて購入した、それっきりでした。

汚れを落とす力はあるんだろうけれど、傷がついちゃいそうだしなぁ、と思っていたんです。

KIMG2196_500.jpg

たわしと言えば「亀の子束子」の亀の子束子 谷中店にて、色々教わってきました。
(そして、沢山お買い上げしてきました…!(* ´艸`))

亀の子束子は大きく分けて3種類あるんだそうです。

KIMG2238_500.jpg

パーム(ヤシ)束子


一番手前のものが、パーム(ヤシ)束子。
これは、過酸化水素水(オキシドールの成分ですね)で脱色したので、白いですが、
100円ショップなどでも「たわし」として売られているのが、この硬いパーム束子だと思います。

ざるなどを洗うには、これ!ざるの細かな目にもしっかり入って掻き出してくれます。
そして、お野菜の薄皮も剥いて洗いたい場合にも適しているそう。

私の中で、たわしと言えば、このパーム束子”のみ”であったことに今回初めて気づきました。
これだと、硬くて傷ついちゃうからさ、プールやレンガ、コンクリートの掃除とか、
ゴシゴシゴシゴシやりたいところにしか使えないと思っていたのですよ。

でもね、違うのです、まだまだある、束子!

棕櫚(しゅろ)束子


一番奥の茶色い束子が棕櫚(しゅろ)束子。
三種類の中で、真ん中の強度と柔軟性を持っているそう。

万能選手で、木のまな板の汚れ落としにも最適だし、ガラスのコップなどを洗うのにも使えるらしい。

サイザル麻


そして、私の中で、今まで知らなくて、使ってなくて( TДT)ゴメンヨーと思ったのが「サイザル麻の束子」。
写真真ん中の白い束子です。

これ、柔らかい束子なんです、水に浸けるとまた柔らかさが増して、
食器はもちろんだけどテフロン加工されたフライパンを洗うのにも使えるらしい!


サイザル麻には油分や汚れをはじく力があることから、油汚れを落とすのに適していて、
まずは、このサイザル麻の束子でさっと予洗いしてから、スポンジで食器を洗うと、洗剤の量も少なくて済む。

食器洗いが終わったら、少し洗剤をたらして、シンク掃除に使うと、シンクも束子もピカピカ。
使い終わったら、よく水気を切って、干しておけば良いそう。
これまでと違うこのドーナッツ形は、乾きやすいというメリットもあるんだって。

キッチンだけでなく、洗面所のシンクの掃除にも使おうと、ふたつお買い上げしてきました。
ドーナツ形状の束子がインテリアとしても楽しい。

tawashi_500.jpg
https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/white-tawashi より

ホント、ちょっとした油汚れだと、束子だけですっきりします。
油汚れを予洗いしてからスポンジで洗うので、スポンジが油っぽくなるストレスから解消されました。
最後にシンクも洗うので、シンクもピカピカ。

へー、束子ライフを始めてみようかな…と思ったら、
久しぶりに私の中でキッチン革命が起きた、この「サイザル麻の束子」を試してみて下さいね。

いずれの束子も、たまに天日干しをしてあげると、より清潔に保てるそうです。



使っていくことで育っていく道具は、使うことを楽しみにしてくれます。
こんな可愛い束子なら、海外の方へも日本を紹介する素敵なお土産やプレゼントになりますね。

ちなみに、棕櫚やサイザル麻の束子は、身体をマッサージするのにも良いそうです。
食器洗いやシンクを洗うのに握っているだけでも、気持ち良い…癒し効果もある気がします。

■亀の子束子西尾商店
~亀の子束子が日本のたわし。たわしの使い方や束子(タワシ)にまつわる情報をお届けします
https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/



ブログへ遊びに来ていただきありがとうございます!
もしも宜しければ、ポチリしていただけましたら嬉しいです。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

片づけ・収納&流山の情報!参考になります


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 

now loading...