Platinum reporters

  • ESSE online

その他

【我が家の家計簿20年分について本気で考えるその3】

インフルエンサー:あいし~

2020.08.22

20年間の家計簿

小銭

 

【我が家の家計簿20年分について本気で考えるその1】

 

今日は20年間の家計簿を整理した時に出てきた
2000年の家計簿の反省報告文を紹介します
 
あいかわらず
ツッコミどころ満載の文章なので
赤字でツッコミながら紹介します
 
1999年に結婚して3年目
職業・派遣社員の頃です
 

2001年の問題点

  1.  収入が低いから、支出を減らす、収入が多いからこうするという意識がない。
  2.  一週間の献立の計画が不十分だった。
  3.  貯蓄金額が、家計簿からあまり見えてこない。<去年同様>
  4. 大型費を十分に活用していない
 

2001年の反省

1.    収入の金額の意識

家計簿をなかなかつけなかったのが、
意識できなかった最大の理由だと思われる。
収入を得たらすぐに家計簿をつけて、
支出への目標を立てるべきだった。
以上のような理由で、
2002年は、収入に応じた目標設定を行い、
それに基づいた計画を立てたいと思う。
今も…ですが
20年前からわたしは 買物をしてすぐに
家計簿をつけていなかったのですね
そのずぼらさは変わらない…
三つ子の魂百まで ですねてへぺろ
 

2. 献立を立てる

2001年前半は、一週間の献立を立てて、
それに基づいて買い物を行っていた。
しかし、後半はそれが徹底できなかった。
忙しかったせいもあり、会社帰りの特売に負けてしまったせいもある。
献立を徹底させることで、冷蔵庫内部はもちろん、
家計、体重のスリム化をはかりたい。
以上のような理由で、2001年は、献立の徹底を目標としたい。
派遣社員二年目
幸いにも同じ会社で働かせてもらっていました
ExcelやWordで資料を作ったり
作られた資料を校正したり
いきなりフランス語の資料を渡されて
訳してと言われたこともありました
(やったことないのに~!)
仕事的には 好きな仕事だったので
どんなことを言われても がんばっちゃってましたね
都内で働いていたので
同僚との飲み会や食事会も
楽しみましたラブラブ
 
3.    貯蓄金額
貯蓄に関しては、
2000年以上に家計簿上で不透明だった。
最終的に2002年1月に260万円を繰り上げ返済することを思えば、
決して貯蓄がなかったわけではないが、
今どこにいくらあるのかということが、わかりにくい家計簿だった。
2002年以降は、(家計簿との連動は難しいかもしれないが)
貯蓄の所在と金額を明らかにしていきたい。
ダブルポケット?ダブルインカム?は
ほんとにすばらしい時代だった~!
この時にかなり貯金をできたのは
「わたしは妊娠したら 仕事を辞めるから
その時には 夫の給料で なんとかしなければならないんだ」
という 意識をずっと持っていたのかもしれません
多分 その意識は 20年持ち続けている…
さらに 「現在の夫の収入で」という 強い気持ち。
 
さすがに 子どもが高校生になって
あの頃の夫の給料で 貯金まで…と なると
なかなか 難しい家計になるかと思いますが
あのとき ダブルポケットになったから と 
贅沢三昧しなくて ほんとに よかったと 思います
 
もちろん おこづかいとかは
今よりずっと 多く使っていたけれど
「現在(1999年当時)の夫の収入で」という気持ち
大事だったと
今 すごく 思います


4.    大型費の活用

大型費を設定して、ボーナス分を割り当てるようにという『規則』を
結婚当初から定めているにもかかわらず、
相変わらず、十分に活用できていない。
3の貯蓄と、同様、一から設定しなおして、
大型費の利用と貯金を徹底していきたい。
結局 大型費は活用できませんでした
 
電化製品などの購入は 突然やってきますよね
 
ある時 ある程度 貯金していれば
電化製品などを購入することは 可能だということを
認識しました
なので いつからか 大型費項目は 
不採用となりました

2002年の目標

今年の年賀状も一枚も当たらなかった。
ということは、今年も一年、くじ運が悪いということかもしれない。
 
一年のくじ運を
年賀はがきのくじで占ってたんですね

2000年から2001年にかけて目立って増加したものといえば、
第一に通信費が挙げられる。
U-ha(KDDのただ電話)がなくなり、実家への電話代が増えたこと、
 
最初にCM聞けば 無料になる電話だったかなぁ…
そういうのが あったんですよねー 
当時は遠距離の電話って けっこう高かったんですよ
記録って大事
U-ha っていうのが あったってこと
これ見なかったら 思い出さなかっただろうなぁ
 
ADSLに変えたことが主な原因である。
光なんてなかった時代
それまで従量制のISDNだったのだけど
ADSLにしてどれだけ使ってもいいよーと
夫に言われて 喜んだのかな?
このころは ポイントサイトとかも けっこうすぐに
ものと交換できて
(お金になんて換金できなかったなぁ)
収納ボックスや たこ焼き器とか いろんなもの もらってました
 
徐々に レートさがっていきました
いい時代だった‥‥
アンケートに答えたら
しょっちゅう 図書カードをもらってましたね
きっと インターネットをする人が 
ほんとに少なかったんでしょうね
 
PHSの使用料金も増加している。
収入も増加しているので、多少の支出の増加は問題ないとしても、
均等費に分類される部分においては、できるだけ縮小をはかりたい。
 
昔も「モバイル」(そんな言葉20年前はなかったと思う)には
お金かけたくなかったのですね
三つ子の魂百まで 再び ですねてへぺろ

昨年の「2001年の目標」では、2001年はいつまで働けるかわからない、としている。
今年こそ、本当に、いつまで働けるかわからない。
今年こそ妊娠したいの気持ちですね
 
うるおいのある生活をするために
(うるおい費をできるだけ保つために)
締めるところは締め、緩めるところは緩めていきたい。
 

目標

(ア)    献立を立てる
(イ)    貯蓄金額の徹底
(ウ)    大型費の再整備
(エ)    収入と支出の関係の見直し
 
目標は いつもたててるけどね
実行がなかなか うつせない‥‥

家計もスリムに☆彡
家事もスリムに☆彡
ついでに体重もスリムにしたい
あいし~ でした☆彡

現在 20年間を振り返り中
スリムにすれば
節約できると信じてます
 
 

 

now loading...