Platinum reporters

  • ESSE online

ご飯

【温泉にグルメ大満喫!初秋の小田原日帰りさんぽ】街歩き~温泉編

インフルエンサー:加藤泉

2020.09.15

温泉にグルメ大満喫!初秋の小田原日帰りさんぽ

 

 

早川漁港を満喫して小田原に戻ってきました。今回、目的のひとつとして温泉があったので箱根に行っても良かったのですが、どうしても行きたいお店が小田原にあったので(こちらについてはおいおい)折角ならと小田原を満喫することに。

 


珈琲が飲みたくて寄ったおしゃれ横丁にある呉地珈琲。ビジネスホテルの向い、ブルーの外観と焙煎機が目印です。
 

 

珈琲は濃さが選べる本格派。気温こそそこまで暑くはなかったのですが、じめっとした陽気にアイスをお願いしました。

何もお伝えしませんでしたが、しっかり濃くて美味しいアイスコーヒー。焙煎機が置いてあるお店にはめずらしく喫煙可能なので愛煙家さんは覚えておくといいかも?

そしてお店の横には「こども遊園地」に設置されていたメリーカップが大切に管理されていましたよ。

 

 

呉地珈琲

小田原市栄町2-1-18
0465-46-9779
9:00~19:00

https://tabelog.com/rvwr/treasurebox/rvwdtl/B430194905/

 

 

温泉はこちら、小田原の駅からも徒歩5分とアクセスの良い「万葉の湯」にお邪魔してきました。

 



町田にみなとみらい、福岡、天成園と万葉の湯は割と利用していますが小田原に来るのは初めて。全国共通で会員特典が使えるため公式HPのペア割り(ドリンク付き1人/2100円)利用です。

 



セルフコーナーのドリンクが1杯付くというものですが、中にはアルコールもあり。

 

 

また+1000円で飲み放題にも変更可能。

 

 

リラクゼーションも充実しているので時間に余裕があり、ゆっくり過ごすならおすすめですよ。

 

漫画コーナーも充実

 

初めて見たこちらのポーチ、可愛い!スマホを入れるのにちょうどいいサイズです。

 

 

露天風呂が最高に気持ち良かった!

 

 

そして、どうしても行きたかったお店というのがこちら、気になりつつも機会に恵まれなかった「小田原おでん」!オープンと同時に予約の電話を入れたのですが、19:30しか取れませんでした。

 

 

駅からはかなり歩きますし、街灯も少なめなので少々不安になりますが、ぽつりと明かりの灯ったお店を見つけた時の嬉しさったらないですね。

 



わくわくするような店構えはまるで高級割烹さながら?

 



おでんを囲むように設えたカウンター席の中でもど真ん中という特等席!

 

 

先ずは小田原ブランドだという「ご縁満開」をいただいて。

 

 

 

昼間に食べそびれた鯵を焼いてもらいつつおでんをつつきます。

 



大根に焼き豆腐、お薬味は辛子と山葵、梅の3種。

 

 

 

 

串で提供されるのは煮込み、だったかな?これもまた良い塩梅で辛子たっぷりでいただくのが最高!

 

 

焼き秋刀魚つみれは衝撃の美味しさでした。

 



キクラゲのはいったがんもの口どけといったら!

 

 

お出汁を吸ったふわっふわのがんもにキクラゲの食感が堪りませんね。おでん茶漬けやうどん、あおさも気になりましたが飲み過ぎてしまい辿り着けず。

 



画像にあるお料理にお酒3本、チェイサー代わりの烏龍杯で6000円ちょっと。

 

 

コスパが良いのはもちろんですが大将の人柄も良く楽しい時間を過ごすことが出来ました。是非また伺いたいです。

 

小田原おでん本店

小田原市浜町3-11-30
0465-20-0320
[月〜金]
11:30〜14:00
16:00〜21:00
*平日月曜日はランチのみ営業
[土・日・祝]
11:30〜21:00
*但し、14:00~16:00まではおでん単品のオーダーとなります

https://tabelog.com/rvwr/treasurebox/rvwdtl/B430220831/

 

 

now loading...