Platinum reporters

  • ESSE online

手づくり・DIY

【流山発!もっと暮らしを良くし隊、始動します!】

レポーター:小林ゆう

2017.05.12

「母になるなら、流山市」
「父になるなら、流山市」

ユニークなマーケティング戦略により、人口が増加する稀有な町となった流山市。

流山って本当に面白いです。

「欲しいものがないなら、自分たちで作ってしまおう」という方が多いんですよね。

■流山市で実施されているガーデニングコンテスト応募者などが中心となって立ち上げられた
ガーデニングクラブ"花恋人(かれんと)"」さんが毎年開催している
ながれやまオープンガーデンは、今年で13回目を迎え、市内外からもたくさんの方が訪れるイベントになっています。
(2015年には2万人が訪れているそうです!)

■ママの声をもっと届けたいと立ち上がったmama's選挙ラボでは、みごと、近藤美保さんを市議会議員に当選させました。

■市役所男女共同参画室主催の講座の修了生と、
NPO法人パートナーシップながれやまで発足した流山子育てプロジェクトでは、
小さな子どものいる家庭での防災をテーマに「私にもできる 防災・減災ノートin流山」を発行。
作る中で、性別や年代を超えた多様な人々を対象とした取り組みが必要と感じ、
外国人の方も災害時に戸惑わないように「多言語の防災ガイドブック~私にもできる防災・減災ノート2」を発行しています。
この取り組みは、防災功労者内閣総理大臣表彰も受けています。
子育てママたちが多言語の防災ガイドブックを刊行

そして、全国からも注目されるような規模に成長させてしまいます。

キーワードはDIY精神


そんな流山のキーワードは「DIY」精神、「Do it yourself(自分でやっちゃおう!)精神」なんだと思います。

心地良いコミュニティーが広がる流山市。ママたちのDIY精神が原動力に
https://www.saison-chienowa.jp/articles/EElT0uRo


DIY精神を後押しするプロジェクトを立ち上げたい…!と動き出すことにしたのが

「流山発!もっと暮らしを良くし隊」です。
http://kurashitowa.com/makelifebetter.html

もともと流山に住んでいた方も、新しく流山に住み始めた方も
ここで暮らすことをもっともっと楽しめたら良いな。
ハード面の整備などは市にお願いするとして、
おうちの中の暮らし方をより良いものにして、市民の暮らしの満足度を高められたら良いな、と考えています。

くらしとわが提供できるのは、「整理収納」や「お掃除・お洗濯」、そして「DIY」。
東洋ハウジングさんから提供していただけるのは、おうちづくりのプロの視点からのアドバイスや大工さんの技術です。

市民と企業がタッグを組むことで、新しい「暮らしのサポート」のカタチを探していきたいと思っています。

おうちも自分たちの成長と共に育てて、直して、快適に住み続けていけたら良いと思う。
整理収納の考えを会得し実践することで、自分時間を生み出してより豊かな人生を満喫して欲しい。

隊員を募集して、みんなで暮らしの改善に取り組みます。

まずは、第一期は「整理収納」で暮らしをもっと良くします。
fecebookにて告知させていただきましたところ、早速定員の10名の申し込みがありました、ありがとうございます!
6月からの半年間、隊員の皆さんと共に、暮らしの改善に取り組んでいきたいと思います。


「もっと暮らしを良くし隊」のもうひとつのミッション


そして、このプロジェクトで、くらしとわが考えるもうひとつのミッションは、「流山にDIY文化を根付かせる」ということです。
このDIYは、おうちの補修やリノベ、木工などを自分でやっちゃおう!のDIYです。

家族が成長するように、おうちも成長して変化していくものです。
でも、おうちは手に入れた時のまま、変わらず暮らしている人がなんと多いことか、と思います。

話を伺うと、「壁紙が汚れてきているから、貼り替えたいと思っている」
「ドアノブの調子が悪いんだけど、そのままになっている」など、
ちょっとした不便を抱えたまま暮らしている人が多いんですね…!

そんな生活はモッタイナイ!

壁紙を貼り替えたり、ペンキを塗ったり、ちょっとした棚を取り付けたり、水栓金具を交換したり…。
傷んできたところは速やかに補修し、自分好みにおうちを変えていけたら、
暮らしはきっともっと便利で快適にになります。

なのに、不便なまま暮らしているのは、
「業者に頼むと料金が高い」、「自分でやるのは自信がない」
という費用技術がネックになっているからなのだと思います。

なので、間をとって、
技術は「大工さんに教えてもらうことで補い」
費用は「自分で行うことで、抑える」


つまり、DIY×大工さんのプロのアドバイスという、
これまでならばありえないサービスを流山から生み出して、
DIYのハードルをグッと下げたいと思っています。

(電動工具メーカーのRYOBIさんも巻き込んでおります。
先日自宅で格子窓枠を作りましたが、電動ドリルドライバを使えば楽々完成です。
基本電動工具なしでDIYを行ってきていますが、やはり便利だわ)

市民DIYerと大工さんが交わることで、流山から新しい化学変化を起こします。

そして、流山に海外のようなDIY文化を根付かせたいと思っています。

流山発!もっと暮らしを良くし隊では、今後、DIYやガーデニングなどの単発イベントなども計画しています。
もちろん、ご要望があれば、第二期、第三期と続けていきたいと思っています。
ちょっとでも気になる…と思っていただけました方は、宜しければ、
「くらしとわ/流山のちいさな暮らしの教室」のfacebookページにいいね!していただけましたら嬉しいです。

「くらしとわ/流山のちいさな暮らしの教室」facebookページ
https://www.facebook.com/nagareyamakurashi/



ブログへ遊びに来ていただきありがとうございます!
もしも宜しければ、ポチリしていただけましたら嬉しいです。
 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

片づけ・収納&流山の情報!参考になります


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ 

now loading...