Platinum reporters

  • ESSE online

お出かけ

【プロカッチでフランチャコルタとトリュフのパニーニ♪】

インフルエンサー:redfox

2020.10.06

 
 
ウフィツィ美術館の後は高級ブランドが並ぶトルナブオーニ通りにある1885年創業の老舗バールProcacci(プロカッチ)へ。
 
以前フィレンツェを訪れた時にも行きましたが、ワインの名門Antinoriに買収されたため、アンティノリのワインもいただけます。アンティノリといえばスーパータスカンで有名な名門。14世紀から続き、侯爵の肩書を持つ現当主は26代目だそう。
 
 
 
とても素敵な店内乙女のトキメキ
 
 

 
 
プロカッチと言えばトリュフのパニーノドキドキ他にもサーモン、フォアグラなど色々な種類があり、お酒を飲まない人も軽いランチや小腹を満たしに続々とやってきます。
 
 
ランチを終え、夕食の前だけど、もちろん食べます!
 
 
泡のメニュー。
 
 
 
 
私はせっかくなのでアンティノリのフランチャコルタをいただきました。
Franciacorta Donna Cora Saten 2012 Marchesi Antinori
 
 
夫はプロセッコ。Prosecco Millesimato 2018 Col De' Salici
 
 

可愛いサイズのトリュフのパニーニと一緒にドキドキ

 
 
が、しかし、一口飲んだら私のフランチャコルタは完全にフラットあせるいくらなんでも!とカウンターのお姉さんに言ったらもちろん快く新しいボトルを開けてくれました照れ
 
 
トリュフの香りが鼻から抜け至福ドキドキ
 
 
夫は白ワインも追加。
ROERO ARNEIS Prunotto
ピエモンテ州で100 年以上続く老舗ワイナリーPrunottoは現在はアンティノーリが経営。土着品種アルネイスで造られた白ワイン。
 
飲んでいたら日本人のスタッフがいることに気づきました。
 
 
相談して1つだけトリュフペーストを購入してきました。
 
 
フィレンツェはアペロにぴったりなお店が沢山あって楽しかったです。
 
 
 
 
すぐ近くにアンティノーリのレストランCantinetta Antinoriがあるのでちょっとだけ覗いてみることに。行こうか迷ったレストランの1つでした。
 
 
 
ここも素敵ですドキドキ
 
 
 
 
 
 
入口にショップがある!と思ったら、近日中オープンとのことでした。(去年9月の話)残念。次回はここで食事もいいな。
 
とりあえず一旦ホテルに戻ります。
 
 
建物の間からドゥオモが見えるとテンションあがりますね。

now loading...