Platinum reporters

  • ESSE online

インテリア・雑貨

【ポットラックパーティーのテーブルセッティング&コーディネートについて】

レポーター:ペレ信子

2017.08.05

5月からエクレアキッチンでテーブルコーディネート実習の全4回レッスンをしている。普段の自宅レッスンはその時のテーマに合わせて私がコーディネートしたテーブルを見て頂いているので、私に取っては初めての実習型レッスン。
回を増すごとに皆さんのテーブルコーディネートへの関心と愛をひしひしと感じている。今月8月が最終回。
最終回前にこのレッスンに参加されている方々を中心に、お友達に声をかけて交流会的なポットラックパーティーをしようと思いついた。


それを準備しつつ、「使う頻度が減ったテーブルウェアを交換するようなガレージセールができたら。」というアイデアが浮かんだ。私にとっても初めての試み。


テーブル好きな女性の集まるパーティー。どんなテーブルコーディネートをしようかなとワクワクしながらも、実は心は決まっていた。夏しか使えないあのテーブルクロス!


夏の間フランスに行く事が多いので、真夏にテーブルコーディネートレッスンをしたことがない。だから夏にしか使えないあのテーブルクロスを皆さんにご披露する絶好の機会!!
それに合わせるのはこのごろずーっと気になっているペールピンク。そうと決まればテーブルコーディネートはあっという間に終了。


夏のテーブルと言うと「ブルー」が多い気がする。けれど、私にとっての夏のイメージは、「砂浜の色」「色あせたTシャツの色」「sun-kissed skin(太陽がキスをしたような小麦色の肌)の色」。それをテーブルに映しました。


d0170823_13033613.jpg
d0170823_13032833.jpg

ポットラックは、まず食事系とデザート系の人数を3:1にして募集し、作る物を決めたら教えてもらう事にした。それによって足りないものを私が作ればOK。(午前中だけ参加の人には飲み物、午後だけ参加の人にはクッキーのようなものをお願いする事にした。)


テーブルコーディネートのレッスンで取り上げられるポットラックパーティーのテーブルというと、お料理がのっているビュッフェテーブルを思い浮かべる事が多い。でも、実はお料理をテーブルに取りに行くのは一瞬で、お食事するテーブルの方で長く過ごすと言うことが大切に思えた。


なおかつ、家庭でビュッフェをするなら、キッチンカウンターのようなところに料理を並べて、メインテーブルの周りに座ってしっかり食べる方が現実的だ。
(もちろん参加人数にもよると思う。もしも全員が着席できないくらい大人数だったら、メインテーブルに料理を並べて、みんなソファや椅子や床なんかに座る事になるでしょう。)

今回の場合は、人の出入りが多少あったとしてもテーブルにつくのは常に最大8〜9人。だったら全員着席できるので、メインテーブルをきちんとセッティングし、料理テーブルはキッチンカウンターにすることにした。作業も片づけもその方がずーっと楽。


キッチンのビュッフェテーブルセッティングとガレージセールのお話はまた次回。




d0170823_09022064.gif





______________  お知らせ   _______________
d0170823_09372487.jpg
おかげさまで増刷(3刷)になりました!

now loading...