Platinum reporters

  • ESSE online

その他

【開催】アイデアいっぱい!おしゃれな「だしギャザリングパーティ」in にんべん本社

レポーター:Maria

2017.08.08

DSC01390.jpg

こんにちは。すっかり出汁(だし)の奥深~い世界にハマりすぎている今日この頃。
暑い毎日が続いておりますが、毎日のご飯づくりをおだしとともに楽しんでいます。

この間の土曜日は、日本橋にある鰹節の老舗・にんべんの本社で
アイデアいっぱい!おしゃれな「だしギャザリングパーティ」 というイベントを開催しました。
ちょっと恥ずかしいんですけど、私は同じアンバサダー2期で外資系金融ウーマンの素敵女子松井さんと
ダブルキャストで講師として呼んでいただき、とても楽しい1日を過ごさせていただきました。

女子だけの華やかでフォトジェニックなおだしパーティー♪
今回は私のバタバタっぷりとともに、
イベントの様子や披露したパーティーテクニックなどをご紹介したいと思います。

パーティの主役はどこでも買えるフレッシュパックの鰹節



FP.jpg

今回の主役はこのにんべんのフレッシュパック。
関東の人にとっては鰹節といったらコレというくらいなじみ深い存在ですよね。
お豆腐やお好み焼きにかけたり、最近だとかちゅーゆで楽しんだりもしてるんですが、
どこのスーパーでも手に入る使いやすいフレッシュパックを、お料理にもっと応用しよう
というのが、初めにあったテーマでした。

いつもにんべんのイベントというと、有名な料亭の板前さんとか人気のお料理研究家の方とかですが
私たちの場合は、二人ともスペシャルなお料理の先生ではないので、
もっと等身大でどこの家庭にもある道具とスーパーで普通に買える食材を使って、
誰でも気軽に作れるパーティーメニューに!
そんな感じでメニューづくりをしてみました。

ポイントはマネしやすいお手軽さ



DSC01406.jpg

ゲストはアンバサダーをしている同じ働き盛りの女性ばかり!
テーブルコーディネートはみんながちょっとテンションがあがるようなオシャレなものに。
といっても、これ、結構カジュアルに準備できるものばかりなんですよ。

DSC05992.jpg

にんべんのオフィスデスクの上にはテーブルクロスではなく、ハンズとかで売ってる模造紙を使ってみたり
人数が多いときも、食器をなるべく使い捨てできるものとかで用意すると、準備や片付けもラクチン
お皿はパーティーだからWASARAというちょっとイイものにこだわってみましたが、
もっと100均で売っているものでそろえても全然OKです。

あとは、ドイツ人が大好きな紙ナプキンも女子会らしくちょっと華やかなものを用意してみたり、
お店っぽくメニューリストをつくってみたり、ちょっと準備にこだわるだけ。

でもちょっとポイントを抑えておくだけで、オフィスの一室がこんなに華やかになるんです。

あとは自分も楽しんじゃおう!



もし誰も来てくれなかったら親戚や友達を呼ぶしかないと、だいぶ後ろ向きな予想をしていたのですが
有難いことに用意していた25席は事前の募集であっという間に埋まったそう。ありがとうございます。
というわけで当日は、朝9時からにんべんのキッチンで仕込みがはじまりました。

DSC01397.jpg

足りなくなったら困るんで、ちょっと多めに…。
でも正直そんな30人前近い量でお料理を用意したのは、今回が初めての経験だったので
カボチャを切っているときも、鶏肉の下処理をしているときも、
なんだか給食のおばさんになった気分
でした。
一生に一度あるかないかの経験なので、もう楽しもう!と割り切って
おしゃべりしながら作っていたらあっという間にお昼に。

DSC01405.jpg

無事にお料理も仕上がって、ホッしました!あーよかった。そしてゲストのリアクションにわくわく。
というわけで、いよいよパーティー開始です。

フォトジェニックは女子の大好物♡



DSC06022.jpg

「写真は自由に撮ってね~♪」とか言ってみたものの、
こんなにカメラを向けられながら盛り付けるのも、めったにない事態なのでちょっとドキドキしましたが
私は自分でつくったメインのフレッシュパックをまるまる1袋、鶏肉で巻きこんで低温で焼いた
ローストチキンも皆さんに取り分けながら、とても幸せなひとときでした。

DSC06030.jpg

DSC06028.jpg

やっぱり誰かに食べてもらうためにごはん作るのって、一番テンション上がるよね。
別にシェフでも先生でも何でもない普通の私でできるお料理だからこそ、「ぜひ作ってみてねー!」って
自信を持っておすすめできるお料理ばかりです。

DSC06038.jpg

となりでパエリアを盛っている松井さん。本当に素敵だよね~。
所作から雰囲気からとても魅力たっぷりな方で、職業もぜんぜんかぶりどころがないので
たぶん普通に生きていたら、出会えなかったと思うんだけれども
今回の準備を通してすごく仲良くなれたので、そんなにんべんが繋いでくれた貴重なご縁にも感謝です。

DSC06037.jpg

もちろん、来てくださったゲストの方々とも。
もう二年近くアンバサダーのイベントには参加しているのですが
なかなかゆっくりお話しする機会って今までなかったので、
このパーティーを通しておしゃべりできたのはとても楽しい時間でした。

おまけの質疑応答もね♡



DSC06045.jpg

今回のテーマやメニュー含めて、あまり上手には答えられなかったけれど少しお話も。

DSC06049.jpg

私としては、もっと同じ目線でテーブルトークのほうが話やすかったなーとい気持ちもありましたが
前に出たら来てくださったみなさんの表情とか食べてる姿とかが見れてうれしい気持ちが更に高まりました。

DSC06050.jpg

たぶん、普通に日本に住んでて、普通に暮らしていたら、なかなかパーティーなんてしないと思うんですが、
私の場合は、人生のところどころで海外関係の仕事や友人、付き合いが絡むことが多かったこともあって、
たぶん同世代の女性よりはちょっとこういう経験が多かったかなと思います。
別に海外にかぶれていたわけではなく、学生時代は日本語学を専攻していて、今だって趣味は歌舞伎鑑賞で
どっちかというと、ザ・日本文化大好き!に当てはまる枠組みなんだけれども(;^_^A
もう時代がグローバルっていうことにはみんな気が付いているように、
仕事であったり、家族の都合であったり、人生どこでどうなるかは本当にわかりません。

いきなりパーティーに呼ばれることもあるかもしれないし、パーティーのホストになるかもしれないしね!

だけど、なんでもやってみることって大事だよね。
って…
それを、今回のパーティーを通して自分自身が一番感じました。

というわけで、とても貴重な機会を作ってくださったにんべんの皆様、どうもありがとうございました。
ご参加してくださった同じアンバサダーの皆様も、
暑い土曜の午後に足を運んでくださって本当にありがとうございました!

【INFO】
昨年、焼津にあるにんべんの鰹節工場へ見学に行った時の記事をシェア!
遠足な気分
足柄SAの足湯
焼津の鰹節屋さん「山七」
骨を断ち切る刃の音
本枯節ができるまでの長い道のり
嬉しい・楽しい・美味しい♡ 海鮮ランチの時間です
溶けてゆく鰹たち
大規模で効率を追求した作業工程
丸栄さんでも職人のワザが光るよ
「にんべん」の大井川工場見学
夜はいじわる

いま、アップしてて気が付いたんですが、こんなに書いていたんですね私…。
見学というより、遠足の気分で出発しているのんきな私…。
でもコレ、すごく興味深い見学ツアーだったので、ぜひチェックしてみてください。

now loading...