Platinum reporters

  • ESSE online

その他

【「捨て方がわからない。捨て方がめんどうだから捨てられない」をなくす方法 】

レポーター:midori

2017.08.09


こんにちは。整理収納アドバイザーのmidoriです(@simplenakurashi)

「よし、今日はやるぞ!」と断捨離を始めたものの、途中で止まってしまうことってありませんか?

途中で止まってしまう原因として、色々なことが考えられますが、その中の一つに「捨て方がわからない」というのがあります。

捨て方に困って、せっかく処分しようと思っていたモノをそのまま放置してしまうこともあると思います。

「捨て方がわからない。捨て方がめんどうだから捨てられない」をなくすには、①事前に捨て方を知っておくこと。 ②断捨離する日をゴミ収集日の前日にすることなどが考えられます。

思い立って断捨離しても、失敗しないようにこの2点だけ抑えれば、「捨て方がわからない。捨て方がめんどう」が理由で、捨てるモノを集めただけになってしまい、捨てられなずに困ることが減りますよ。

本日は「捨て方がわからない。捨て方がめんどうだから捨てられない」をなくす方法についてです。

それでは、いってみましょう〜♫

事前にモノの捨て方を知っておく

私はまとめて片付ける日もあっていいと思いますが、少しずつ断捨離していく方が、整った部屋が長続きすると考えています。

少しずつ捨てることを考えて、始めはめんどうではありますが、捨て方がわからない物が出てきたら、捨て方を調べておくのが大切です。

お住いの自治体のサイトで必ずゴミ捨てルールのページがありますので、その部分をブックマークしておくと、「これはどうやって捨てるんだろう?」というものを調べればすぐにわかります。

私が住んでいる福岡市はいろんなものが燃えないゴミで処分できるので、ゴミ出しに細かいルールがない自治体なら捨て方を調べるのに、そんなに時間がかからないかもしれないです。

毎回、ゴミの種類を調べるのがめんどうなら、捨てる度に燃えるゴミ、燃えないゴミか、粗大ゴミなのかをメモして、オリジナルのゴミ分別表を作っておくのもよいかもしれません(私はそれがめんどうなので、ゴミの出し方ルールのページをブックマークしています)

それから、自治体が配布しているゴミ出しルールの冊子を保管しておくことも良いでしょう。

事前にモノの捨て方を知っておくポイント

  1. 自治体のホームページの中にある、ゴミ出しルールのページをブックマークしておくこと。
  2. 捨て方がわからないゴミを処分した時にメモをしてオリジナルのゴミ分別表を作っておくこと。
  3. 自治体が配布しているゴミ出しルールの冊子を保管しておくこと。

一番のおすすめは①のゴミ出しルールのページをブックマークすること。気軽にチェックできます。

③の自治体が配布している冊子は便利ですが、長期保管していると少しルールが変更になっている場合もあるので、迷うことがあるかもしれません。

断捨離を何度も経験すると、ゴミ出しルールも自然と身についてくるので、迷うものは燃えないゴミか粗大ゴミになることが多いです。

 

断捨離する日をゴミ収集日の前日に行う

断捨離しても、ゴミ収集日がまだまだ先だと、気分が萎えませんか?

せっかく家の中がスッキリしたのに、ベランダにはたくさんのゴミ。

それなら、断捨離した日がゴミ収集日だと一番気持ちが良いですよね。

燃えるゴミの日は週に2回ほど回収があると思いますが、燃えないゴミの日は自治体によって異なります。

私が住む福岡は燃えないゴミ(缶とか食器など)とペットボトルなどのプラスチック類は月1回。

ゴミ収集日をついうっかり忘れてしまって、そのまま放置することもあります。

ゴミ収集日をうっかり忘れない為に、ゴミ収集日を調べておいて、収集日当日か前日に断捨離をする方法がおすすめです。

私は忘れっぽいので、どんなにゴミ収集日を忘れないよう手の甲にメモしたり、玄関のドアにメモを貼っても、何か別のことをしたり、急な用事があるとつい忘れてしまうことがあります。

忘れないように、メールでお知らせしてくれるサービスも利用しています。

ゴミ収集日をお知らせするサービス53cal(ゴミカレ)

全国主要都市のゴミ収集日をクリーンカレンダーやメールでお知らせするサービスです。

 設定画面はシンプル。お住いの住所を選択し、メールでお知らせしてほしいゴミの種類を選びます。

配信時間を前日か当日に設定するだけで、メールが配信されます。

引越しの場合は、住所の変更を行ったり、必要ない場合は簡単に解除もできます。

53calに該当する住所が見つからない場合は、自治体が独自でメール配信サービスを行っている場合があるので、確認してみましょう。

忘れっぽい私は、メール配信とカレンダーや手帳に丸で印をつけたり、ゴミ出し日を書いたメモを玄関ドアに貼ったりもしています。

断捨離する日をゴミ収集日の前日に行うポイント

  1. 燃えないゴミの収集日の前日に断捨離する。
  2. ゴミ出し日をメールでお知らせしてくれるサービスを利用する。
  3. 忘れないように、手帳やカレンダーなど目につくところに印をつけておく。

 

燃えるゴミの日の収集日の頻度は多いですが、燃えないゴミの日の収集日は少ないので、燃えないゴミの日の前日に断捨離すると、捨てるモノを保管する期間が短くなるのでおすすめです。

簡単なことですが意識して断捨離すると、断捨離後のスッキリした気持ちの大きさが少し違ってきます。

私の住んでいる場所は毎月木曜日が燃えないゴミの日で金曜日が燃えるゴミの日なので、水曜日にまとめて断捨離するとすごくスッキリします。

粗大ゴミの場合も、収集日の曜日が決まっていることが多いです。

いつまでに粗大ゴミの収集依頼の連絡をすればいいかを聞いてメモしておけばいいでしょう。

私の住んでいる場所では、土曜日までに連絡すれば翌週水曜日に回収にきてくれますので、土曜日に断捨離し、その日に粗大ゴミセンターに連絡するパターンになります。

「捨て方がわからない。捨て方がめんどうだから捨てられない」をなくす方法 まとめ

事前にモノの捨て方を知っておく

自治体のホームページの中にある、ゴミ出しルールのページをブックマークしておくこと。

粗大ゴミの場合は、①回収日が何曜日なのか、②いつまでに連絡すればいいか。を知っておくこと

断捨離する日をゴミ収集日の前日に行う
  1. 燃えないゴミの収集日の前日に断捨離する。
  2. ゴミ出し日をメールでお知らせしてくれるサービスを利用する。
  3. 忘れないように、手帳やカレンダーなど目につくところに印をつけておく

粗大ゴミは回収予約の最終受付日に断捨離し、断捨離後に粗大ゴミの回収予約の連絡をするとスムーズ。

捨て方がわからない。捨て方がめんどうだから捨てられないで放置するのをなくす為に、まずはその前にゴミ収集日や分別について調べておくことで、いつでも気軽に断捨離できますよ。

以上になります。最後までお読み頂きありがとうございました。

おすすめの断捨離トラコミュ

にほんブログ村テーマ
断捨離してますか?

断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
ミニマリストになりたい

The post 【「捨て方がわからない。捨て方がめんどうだから捨てられない」をなくす方法 】 appeared first on 捨ててスッキリ 私のお片付け.

now loading...